「ボク達は、間違ってない。」

WAHAHA本舗PRESENTS
ポカスカジャン渾身の新作新曲新ギャグライブ2012
「ボク達は、間違ってない。」

構成・演出 喰始
出演 ポカスカジャン
(大久保ノブオ タマ伸也 省吾)

11月26日(月) 27日(火)
18:30 開場19:30 開演
会場 吉祥寺・STAR PINE’S CAFE
(スター・パインズ・カフェ)

全席自由席
前売4,000円
(1ドリンク別途要・税込)
当日4,500円
(1ドリンク別途要・税込)

*開場時のみWAHAHA本舗ファンクラブ優先入場あり

[チケット]
2012年9月29日(土)より一般発売開始
ローソンチケット:0570-000-407(オペレーター電話番号
0570-084-003(Lコード:38330)
イープラス(e+): http://eplus.jp/(PC・携帯)
楽天チケット: http://ticket.rakuten.co.jp/
STAR PINE’S CAFEホームページ予約
http://www.mandala.gr.jp/spc.html
WAHAHA本舗:03-3406-4472(平日11:00~19:00)
WAHAHA本舗Mail予約:info@wahahahompo.co.jp
※WAHAHA本舗ファンクラブ優先予約あり
[問い合わせ]
WAHAHA本舗:03-3406-4472(平日11:00~19:00)
http://wahahahompo.co.jp
スポンサーサイト

■劇団HOBO第四回公演『ナイアガラ』

告知をふたつ。
喰さんの舞台と矢原ちゃんのイベントです。

あの天才喰始さんが、他の劇団の舞台に役者として立つことになりました。
最初で最後であるとの噂もあります。
貴重な姿を是非!

セクシー寄席、矢原加奈子さんのイベントは第二回目。
今回も先輩ポカスカジャン大久保さんがゲストとして登場!
こちらも必見!

そして詳細は別にアップしますが、ポカスカジャンの吉祥寺ライブ2日公演が決定しました。
こちらの演出も喰始さん。
昨年は全部新作での公演を行なったポカスカジャン。
今年はどんなライブになるのでしょうか。

ポカスカジャンからのインフォメーションをもうひとつ。
ソロデビュー曲「僕たちには歌がある」のヒットを受け、タマ伸也さんがソロアルバムをリリース!
こちらもどうぞお楽しみに。

まずは9月5日から始まる喰さんの舞台に是非!
こちらにはポカスカジャン省吾さんも出演です。

■劇団HOBO第四回公演『ナイアガラ』

作/演出 おかやまはじめ
出演   おかやまはじめ 省吾 林和義 古川悦史 本間剛 
     西條義将(モダンスイマーズ) 喰 始(WAHAHA本舗)

期間 2012年9月5日(水)~9月10日(月)
会場 下北沢駅前劇場
料金 前売り3800円 当日 4000円(全席日時、席指定)
チケットぴあ http://pia.jp/t 0570-02-9999 Pコード421-753

タイムスケジュール
9月5日(水) 19時30分
9月6日(木) 14時00分 / 19時30分
9月7日(金) 19時30分
9月8日(土) 14時00分/19時30分
9月9日(日) 14時00分
9月10日(月)14時00分

新宿に『ナイアガラ』があるのはご存知ですか?
あるんですよ、『ナイアガラの滝』が。
ゆーても、あの凄まじい豪音と
激しく舞い上がる水しぶきは期待できません。
つーか、かなり、かけ離れています。
上から水がジャーってなもんで
下へ水がジャブジャブってな感じで・・・地味です。
これをナイアガラと名付ける勇気!
で、今回はここにまつわる物語。
脇役体質の役者達7人。
センター争いのジャンケンポンもなく、
センター不在のまま全員脇役に徹します。
劇団HOBOの『ナイアガラ』。
ちょいとビターな『今』のおはなし。
乞うご期待。

■矢原ビデオ第二弾!

7月8日に幕を下ろしたワハハ本舗全体公演「ミラクル」の舞台裏を撮った映像を一挙公開!
今回はワハハ本舗座長の大久保ノブオをゲストに迎えて「ミラクル」の裏話も聞けちゃいます!

2012年9月13日(木)
18:30開場/19:30開演
《出演》矢原加奈子・大久保ノブオ 他
《会場》 渋谷・Dining cafe theater
 東京都渋谷区渋谷2-2-6 青山ホワイトアドビー1F
 TEL:03-5467-8807  
《料金》 前売1,500円 当日2,000円
 ※ドリンク代別途    
《チケット》 ワハハ本舗 TEL:03-3406-4472(平日11:00~19:00)

チケットの予約:http://form1.fc2.com/form/?id=783572
注:メールにてご予約の場合は“@wahahahompo.co.jp ”から返信いたしますので、受信できるようお願い申し上げます。
           
《問い合わせ》 WAHAHA本舗:03-3406-4472(平日11:00~19:00)

スコール

午前5時、集中豪雨。
波乱の1日。

震度5もの大地震に見舞われた北海道、仙台はその後大丈夫でしょうか。
地震に慣れてしまったのか、報道規制なのか、もう報道すらされません。
震度5の地震、尋常ではありません。

地震はまだ続くともみられています。
どうぞお気を付けください。

あと、1日

8月も終わる。
今年はカレンダーの都合で、学生の夏休みは2日多い。

8月いっぱいまでは島根滞在が多い。
営業強化の夏。

そんな夏も、もう終わり。
9月から、また日常が始まる。
早速、各地を飛び回る生活。
下準備は着々、水面下で計画が進んでいる。

とある社長に怒られた。

「あなたね、近場なんだから呼ばれなくてもちゃんと来なさい!」と。

へ!?
「近場」と言われたその場所は福岡だった(笑)。

いや、いいですよ。
行きますよ、福岡ぐらい。

けど、一応呼んでください(笑)。

そして今年もあと4ヶ月。
悔いなきよう。

パーティー

昨夜は、とあるパーティーへ。
実は、すっかり忘れておりました。
あいたたた。。。

そして今日は4ヶ月待ちに待った悲願のアレ。
辛抱たまらんので、無理矢理お願いしました。

ですので、営業は通常モード。
売り切れ完売となります。
来店予定の皆様、お気を付けくださいませ。

7月、8月は平日も営業時間を延長することが多かったです。
15時とか営業してると、お客さんが続々です。

面白いのは皆さんが口々に「うわ!開いてると思って初めて来ました!」的なことを。

そうかもしれません。
お昼だけ開く店なので、時間帯が違えば「営業してない店」と思われているかもしれません。
外観がアレなので、よけいに奇妙ですね(笑)。

そんな夏モードも、そろそろ終わり。
9月からは、またミクスチャー活動が本格化。

例年なんですが、夏は店舗営業に集中する期間なのです。
繁忙期なので店舗営業が猛烈に忙しく、他の事業に手が回りません。

で、今日は念願のアレ。
秘策があるらしく、これまた楽しみ。

尾鷲の魚

尾鷲から干物のギフトが届きました。

全日に「魚を送りたいのですが、いらっしゃいますか」と友人から連絡。
ええ、常に不在が多いので確認の連絡です(笑)。

普段なら「いいですよー、お気遣いなく」と遠慮するのですが、この友人は食に関して驚愕のスキルを持っているのです。
共に行動すると目からウロコなことばかり。
自分の概念が崩れたりすることも。

そんな方から、わざわざの申し出。
こ、これは興味が。。。

ということで図々しくお願いしてみました。

それが届いたのです。
3種の魚が届きました。

三重県の尾鷲という町、台風上陸でよく中継されるので御存知でしょうか。
熊野古道がある港町です。

この町、松江に負けない陸の孤島。
三重県在住の方でも尾鷲に行ったことがない方も多いと聞きます。
そんなアクセスが悪い場所。

そのせいか変わってる町です。
町自体が潤っているので裕福です。
気候も温暖なので、皆さんがラテン系で陽気。
そして食べ物が凄いのです。

「凄いとはいえ干物じゃん」

そう、お思いでしょう。
いえいえ、ところがどっこいなのです。

例えば脂の乗り方で干し方が変わります。
通常、さんまは脂が乗り焼きたてに箸を入れれば「じゅっ」と脂がほとばしる。
それこそが美味しいさんま。
ところが尾鷲は違います。

尾鷲のさんまは有名で名産品。
ただ数が少ないのか決まった場所にしか流通しないようです。
近年では寿司を全国に広めるためキャラバンが動いています。

尾鷲のさんま。
これ、脂が多いとダメらしいのです。
下品で美味しさ半減なのだと。

ほほう。

でもオレは脂の多いさんまが好き。
生食でもそう。

じゃあと尾鷲でお寿司屋さんや料理店へいくつか案内してもらいました。
もうそれで大衝撃!
脂の少ないさんまがどれだけ美味しいことか!
尾鷲の文化、技術が生んだ賜物なのでしょうが、とにかく旨い。

そんな尾鷲の干物です。

もうね、びびりました。
捕れたて、干したてを冷凍。
もちろんこれ、作ったばかりのもの。

ミラクル!
世の中にはまだまだ知らない物があんだなぁと、しみじみ。

驚愕でした。
hiroさん、ありがとうございます。
ちょっと大人になりました(笑)。

嬉しいお客さん

玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣の蕎麦が気に入り、よく来てくださる若い男性のお客様。
特別メニューの話しをしたら、是非食べたいと思われたらしく予約が。

特別メニュー、一般のお客様にはお出ししておりません。
お店では基本的に予約も受けてないのです。

ですがこの方は食べ物に興味があり、お店へもよく通って頂きます。
それならと喜んで引き受けました。

ただ、その特別メニューが現在仕入れの関係で異常な高値。
領収書で落す企業の方ならばともかく、若い青年に気の毒な値段。
あげく、宍道湖天然大和しじみ、昨日の仕入れは過去最高価格。

昨日は時価で1杯1万円近いという、これまた異常価格となりました。

しかしこれは人気が高く、身内の特別予約の際には必ず注文が入ります。
リピーターも多いのです。

気持ちがすっきりしないのは値段高沸の反面、しじみのコンディションがよくありません。
捕れないので値段が高くなる、質は天然なので変動がある。

しじみの産地、種類、量を変更すれば安値にもなりますが、それはしたくありません。
なので一般メニューには乗せていないのです。

しかし、この青年に美味しい料理を食べてもらいたい気持ちが勝ち、料金は半値以下。
特別メニューも2品提供しました。
普段お断りしている撮影も「どうぞ」と。
半値以下とはいえ高額ですし、特別品はビジュアルも秀逸ですから記念に。

随分な赤字となりましたが、商売とは目先の利益だけではありません。
求めてくれる方に応えることも時には必要。
喜んで頂けたなら、それが一番嬉しいのです。

終始ニコニコなさっているお客様を見ると、こちらも嬉しくなります。
とても温かい気持ちになることが出来、私が感謝しています。

営業していると嬉しい出来事がたくさん生まれます。
毎日です。
日々、そんな現場に居られることは何て幸せでしょうか。

9月からは、営業時間も通常モード。
売り切れ完売で、即閉店となります。
お客様が訪れるタイミングも狭き門となってしまうかと思われますが、宜しくお願い致します。

営業の嬉しい瞬間を書いてみました。
ご予約のお客様、ありがとうございます。


髪。。。。

美容院に行けないにも程がある。
もしかして近年の記録ではないだろうかというぐらいに行けていない。
もはや、こんな髪型の人みたいになっている。

オレの場合ちょっと特殊なので、サロンは数人がかりで「いっせーの、せっ!」と取り組んでもらう。
そのために直前予約や飛び込みが出来ないのだ。
毎日、鏡を見る度に悶絶する。
あまりにみっともない。

もちろん髪の毛や頭皮には、このインターバルは嬉しいことなのだろうけど、それはそれ。
髪も切りたいしカラーもしたい。
カットするには大阪へ行かねばならんのです。

せめて前髪とカラーリングを。。。
うぐぐぐ。。。

恩返し

きっと、普通の大人よりもアニメや特撮がちょっと好きで、子供の頃に抱いたワクワク感を大事にしながら生きているのかもしれない。

好きなモノは好き。
好きの価値観は不偏であると思っているので自分では当たり前なのだが。

気が付けば、コレクターと呼ばれるようになっていて取材なども受けるように。
でもこれ、好きなだけなんです。

よくお客さんに店内で「このコレクション凄いですね」「集めるの大変だったでしょう」と云われます。
その時に気付けば同じ回答をしていました。
「ええ、好きですから」と。

なので、お金とか関係ないんですよ。
欲しいモノが欲しくて、好きなものが好きなだけなんです。

大人になってもずっとこんなことをしてたら、たまに夢が向こうからやってくることがあるのです。
そんな時に、これは自分がずっと好きでいた恩返しをもらってるのかなと思うことがあります。

黄金期、一番良い時代に幼少を過ごしたんだと思います。
アニメ、特撮、ドラマ、アイドルなど一番豊富な時期でした。

今でいうスーツアクターの岡田勝さんとお目にかかった際、不思議な感覚でした。
御本人は気さくで頑固で、ちょっと口の悪いお父さん(笑)。
一緒に飲むとそれはそれは楽しい方。
親しくなった今でも、時折ふと「この人がアレに入ってたんだ」とか「この人があの決めポーズ考えたんだ」と思うことがあり、気持ちが少年時代に戻ってしまいます。

好きなモノを好きであり続けることは自分にとって普通のことです。
でもまわりにあまりそんな人がいないので、きっと一般的ではないのかもしれません。
もちろん一般的でない仲間は鬼のようにいますが、きっと特殊なのでしょう(笑)。

今だこうして毎日驚きの連続だったり、普通では経験出来ないことをさせて頂いています。
当たり前で進んで来たことだけど、そこにはロマンを感じます。
そして貫いている人達の偉大さを再確認。

モノを集めて楽しいのは、コレクションを介してたくさんの出会いがあるからです。
なーんか素敵だなって思います。

振り込み

>携帯が止まるとこだったって、料金は引き落としにしてないんですか?

そんなメールが。

日記には昔から書いているのだけど、基本的に料金支払いは自分で行なう。
引き落としは便利だし、一覧で管理もしやすい。
だけど払ってる感覚がないのが経営者として恐い。
給料を振り込みではなく、手渡しで欲しいという感覚に通ずるかもしれない。

アナログで体感しておかねば、麻痺してしまうことがある。
頭で判っていても、やはり体感することに意義を感じるのだ。

なので、カードも持ちたくない。
海外に行くときも持参すらしない。
カード自体、作るのすら拒絶していたのだけど、ETCの契約でどうしてもカードが必要になった。
他でも色々あり数枚所有はしているけど、あまり使用しない。
現金できちんと支払う。

仕入れもそう。
月末締めで請求などという形をあまり取らない。
基本的に納品時現金で支払うことにしている。

そうそうサイフの件もそう。
毎日現金を抜いて金庫に入れるのも、そんな理由から来ている。
カードを使いたくないので、安心のため少し金額が大きい定額をサイフに入れる。
帰宅後に現金を出せば、その日にいくら使用したかの計算が瞬時に出来る利点もある。
例えば10万円所有であれば「あ、今夜は72000円使ったのね」と残額で計算も速い、というわけ。

これらアナログではあるが、勤労のモチベーションを高めてくれる。
こういうこと、案外大事な気がするのです。

で、たまにこうして携帯が止まりそうになったりするのです(笑)。
気付いてよかったわ!!!!

八月も終わり

長かった夏休み期間。
8月も今日を入れて、あと3日!

カレンダーの都合、今年は少し夏休みが長くなる。
もちろん大学生は、まだしばらくお休み。

毎年のことながら、夏はフェスにも一切行かず馬車馬のように働く。
玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣、8月が年間を通じて一番売上げが多い月なのです。

9月になれば日常が戻ってきます。
お断りしていた諸々が本格始動、全国を飛び回ります。

やはり自宅にいるのが苦手。
松江にいるのが苦手。
世間にどんどん取り残されていく気がする。

田舎ってあまりにも平和で時間の流れ方が遅い。
それを「恐い」と感じてしまう。
今は一生懸命に取り組む時期であるので、和んでいてはいけない。
常に駆り立てられる何かに背中を押されて欲しいと思うのだ。

昨日、福島第一が煙だらけになっていたのを夜に知った。
とっくにライブカメラは切り替えられ、様子は判らない。
ニュースでも報じられない。
隣の国を悪く言ってばかりだけど、日本もなかなかどうして厳しい。

自営業は、諸刃の剣。
自分の自由度が高いために、さぼろうと思えばいくらでも。
オレの場合、いつも見えないプレッシャーがあるので常に何かをしていたい。
休みたいとか思わない。

なーんて云いながら、夏を頑張ったご褒美に旅館行っちゃおうかなとか、仕事関係なく鹿児島旅や沖縄行きなどを妄想する。
特撮博物館は間に合いそうにない。

宵っぱりなので、ネオンが恋しいのです。。。。

NTTファイナンス

請求書の請求が少し前から「NTTファイナンス」という会社から来るようになる。

友人曰く「社名で威圧感を出すための作戦」とのことだが、あながちそんな気も。
ファイナンスって嫌な響きだもんな。

DoCoMoもNTTも、このファイナンスから請求が来る。
これが判りにくい。

何の手違いか、先々月分のDoCoMo請求書が来ていない。
おかしいなと思いつつも払ったのかなと思ったり。
マイドコモを見ても未払いは判別出来ない。

八月も終わるので請求書やら領収書の整理。

うわ!
ファイナンスからの督促がまぎれこんでる!

普通のNTT分だと勘違い。
確実に払っているので廃棄していた。

しかし、それがDoCoMoからの督促だった。

請求書は未着。
督促はDoCoMoでなくファイナンス。

危うく明日の深夜、携帯電話が止まるとこであった。

携帯電話が料金未払いで止まる大人は、どうか(笑)。
あっぶねー。
皆から笑われるとこだった。

NTTファイナンスさん、あんた判り難いよ。
DoCoMoさん、先々月の請求届いてないよ。

ふう。

偶然

朝、近所で佐野史郎さんに会う。
シリーズのテレビロケでした。

歩いてたら撮影クルーがセッティング。
「おいおい兄さん、どいてくれよー」な、オーラ。

おいおい、オレの方が先にいるんだっつーの!
なので堂々と歩く。

するとミニバスが到着。

あれ?
あのタイムキーパーさんの紙袋は!?

業界感たっぷりで挨拶し「佐野史郎さん?」と尋ねると「ええ、そうですよー」と。

オレさ、去年もこのロケの時に早朝遭遇してるっつうの(笑)。

いうてる間に、佐野さん登場。

「おっはよーございまーすっ!」と挨拶。
早い時間で一般の方もいなかったし、もちろん佐野さんとは知り合いなので。

実は仕事の依頼で佐野さんに連絡をしようとしてたとこだったのです。
そこで、この遭遇はなんというミラクル!
そりゃ挨拶しとくでしょーよ。

ということで、ちょっと仕事の話し。
「じゃ、あとでメールしまーす」と退散。

こんな偶然、あんですね。
しかも「佐野さんのロケじゃね!?」と直感したオレもまたミラクル。

早朝でもオレはテンション変わらないので、佐野さんちょっと迷惑そう(笑)。

そんな出雲のひとこまでした。

キッズセット


うわ!
始まってるんかー!

ということで、また来年一月までミスドとの攻防が続きます。

ちょ、いい加減にしてくれんかー。
困る、困るよ。。。。

と嘆くのも楽しむのがコレクター。

頑張りますよ。。。。(泣)

鼻毛

そういえばさ、痛みの国際的単位「ハナゲ」って、どうなったんだ?

イテテ、転んで痛いー
42ハナゲー

みたいな未来が避けれたことは、ちょいと明るくないでしょうか。

“興行ビジネスの崩壊”

ザックリしたこと言ってやがんなー(笑)。
しかもこんなとこでイルカさんや正やんの名前出してやんなよー。

状況を先読みした稲川順二さんとか、きみまろなんかは成功してる。
北島三郎御大などは、もう仕事しなくても安泰。

演歌に限らず、仕事は先読み。
同じ時代はずっと長く続かない。

日々緊張感を持ち続けることだと思ったり。
偉そうですが。。。

「いつか」なんて、こねーよ(笑)。

■「もうパチンコ営業くらいしか……」小林幸子・美川憲一騒動の背景にある“興行ビジネスの崩壊”

 小林幸子と美川憲一。演歌界きっての大物歌手二人が苦境に陥っている。小林幸子は事務所内紛問題の果てに大手レコード会社・日本コロムビアとの契約を解除し、自主レーベル活動に移行。美川憲一も事務所独立騒動が収まらない。

 二人とも、所属事務所社長との関係悪化がクローズアップされているが、今回の騒動は人間関係だけで説明できるものではないという。音楽事務所関係者が解説する。

「二人が苦しくなった根本原因は、演歌歌手の食い扶持である興行収入が、ここ10年ほど下がり続けていることです。美川の場合はNHK紅白歌合戦に落選した影響も確かにあったが、近年は地方でどんな演歌公演を打ってもチケットがさばけず、料金を下げざるを得ない。不況のためにタニマチの多くが退場する中、各地の興行会社の経営も悪化しており、演歌歌手が受け取る出演料は減る一方です」

 全国での興行が不振である背景には、県や市などの自治体が運営するコンサートホールで定期的に開催されるコンサート出演料が目減りしていることも大きいようだ。

「“ハコモノ”の典型である公営のコンサートホールでは『市民にちゃんと利用してもらっています』というアリバイ作りもあって、県や市が補助金を出すコンサートが定期的に行われています。かつては歌手本人に渡されるギャラも良かったのですが、近年では予算削減のために補助金が激減。今ではギャラの高い演歌歌手はあまり呼ばれず、イルカや伊勢正三、太田裕美などのフォークや歌謡曲畑の懐メロ歌手が、安いギャラで出演するようになりました」(前出関係者)

 今回、小林幸子は日本コロムビアを離れ、独自にCDリリースとコンサート活動を行うという。しかし、多くの地方興行会社は、老舗である日本コロムビアと親しい関係にあるため、今後の小林の活動に協力するかどうかは大いに疑問だ。美川の場合は、そもそも興行不振が騒動の背景にあるため、新たにコンサートを企画するのも難しい。

「もはや二人に残された稼ぐ方法は、パチンコ店の営業くらいでしょう。二人ともパチンコ台やパチスロ機のキャラクターにもなっていますしね。しかし、パチンコ業界も景気は悪くなる一方で、有名人ゲストのギャラ単価は下がり続けている。二人がこれまでのような華やかな生活を維持するためには、パチンコ営業に専念するくらいの覚悟が必要です」(同)

 CDの売上不振に苦しむ音楽業界では、興行に軸足を置く演歌歌手は「しぶとい」と見られてきた。しかし二人の苦境は、地方経済の低迷とともに、興行ビジネスそのものが厳しさを増していることを伝えている。

感慨に。。。

ちょいと週末より感慨にふけっておりました。
丁度あれから1年です。

某プロジェクト終了。
1年前から始まり、色々ありました。
成功だったか否かは、未来でまわりが決めること。
オレには分かりません。

もちろん、シビアなビジネスプロジェクトなので厳しいことは多々ありました。
自分自身が厳しく作り上げたことも。

これも初めは無理だと思いました。
もうね、天文学的に無理。
オレが手に負える内容ではない。

ですが、ホントたくさんの皆様に支えられて無事に終えることが出来た気がしています。
仲間、先輩ってありがたいと心から思いました。
新しい出会いもありました。

感慨に浸るのは今日まで。
すでに胃がキリキリするほど多数の、しかも重要なミッションを抱えています。
(最近よく「再来年までスケジュール一杯」って書いてるでしょ?)

出会いと云おうか符号が揃うと云おうか。
「あれ?オレ島根をベースに活動してんだよな?」と一瞬、確認作業が必要なぐらいに中央の仕事。
まだ言えないことばかりなのを、ひとつでも多く言えるようにしていかねばなりません。

今朝、偶然が重なり某薬師へ行ってきました。
これの一連を特に不思議と感じませんでした。
ただ久し振りに行った薬師は、相性悪かったですけど(笑)。

そういや去年最悪だったスマイルカー破損事件もちょうど1年前じゃねーか。
あれ警察がそのままだから本部に不服申し立てしなきゃなんだよな。
オレ全然被害者だし、相手が近所だから風評を受けないためにも責任の所在をはっきりさせなきゃだ。

「他人は変わらないので、自分が変わる」
「お前の頭は打ち出の小槌、振れば振るほど金を生む」

毎日楽しく過ぎていきます。
やること多いし、考えすぎて頭が沸騰しそうだけど、それもまた経験。
「できねーよ、んなもんさー」と拒めば、そこで終了。
「えー、マジっすかー」と軽口叩きながらでも、なにくそとやり切ればスキルアップ。

何をやるにも遅いなんてことはなくて、とにかくやればいい。
やろうと思った時にやる、すぐやる。

やろうと思った時に始めることには遅いなんてことはない、の意味。
悩んで悩んで安全パイ付けて始める行為は、完全に遅い。

そして、これも持論だけれど、その道のトップの人と付き合うことは本当に刺激的だ。
トップの人には、トップたる所以がある。
これだけは云えるのが、トップの人すべてが壮絶な努力をしているということ。
運だけでトップになんてなれないし、天下は長く続かない。

玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣、これからもっと加速していきます。
色々と驚かせることがあるかと思います。
伝統的な古式出雲蕎麦を継承していくことを本筋としながらも、同じコンセプトで様々なミクスチャーを生み出していこうと思います。

奇しくも玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣記念日、9月6日もあと少し。
「出雲そば日本一大名陣」を「玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣」にリニューアルしたその時から、この歩みは始まっています。
過去10年、記憶があまりないほど駆け抜けて来た気がします。
ペースダウンどころか、よりペースアップしていきます。
こうなりゃ行くとこまで行くしかありません。

「1年なんだ」と、しみじみ想いながらも、そのプロジェクトすら遥か昔のことのよう。

こうしてたくさんの皆様から支持されオファーが来ることに感謝しています。
だってオレ蕎麦屋なのに。

東京オフィスを設立したり、プランニング会社など別ユニットを起業させず、全てを蕎麦業で通しています。
それがよくないと忠告してくださる諸先輩もたくさんいますし意味も十分分かってます。
ありがたくて感謝してます。
でも出雲の蕎麦屋がやってんですよってスタンスが当然で、信用がないなら自分の責任。
切り離して活動することは「勘違い」なんだと思うのです。
ご忠告の諸先輩、すみません!

試せること、挑戦出来ること、与えられたこと、求めることの全てに本気で嘘なく取り組まねばと改めて思いました。

日記書いてる間にも「ありがとうございます」って御礼のメールが届きます。
損得勘定抜きで動くのって悪くないですよ。
打算で動けば見透かされます、そんなもんです。

この日記も自己暗示みたいなもの。
他人様に公開しちゃいけないレベルの稚拙なもんなんですが、書くことにより意思が定まります。

いやいや、世の御大の元気なこと!
オレみたいなひよっこが、あぐらかいてる場合じゃありません。
あの世界の村上隆さんだって、坊主にし髭を剃り落としたんですから。

えらかないんですから、やるだけなんですよ。
いつも協力くださる多数の方に感謝しております。

明日からは、また更に濃厚でいきますよー。

サトちゃん

サトウ製薬さんのキャラクター、サトちゃん。
おなじみ象のキャラクター。

男の子がサトちゃんで、女の子がサト子ちゃん、加藤茶はカトちゃん。

調べたよ!
サトちゃん生誕30年を記念して、1982年にサト子ちゃんが後付けで誕生したんだって!
へー、知らなかった。
ふたつはペアで昔からいたのかと思ってた。

さすが、サトちゃん。
ウィキペディアを発見!

ゾウは長生きであり、健康で明るくて子供から大人まで幅広く愛されている動物であることから「象は健康と長生きのシンボル」であるととらえ、キャラクターがゾウに決定された[1]。

>1955年6月、佐藤製薬の印刷物にはじめてゾウのイラストが登場。 このイラストは、現行のサトちゃんのような極端にデフォルメされたものではなく、より本物に近い鼻の長いゾウであった[1]。

1959年4月、店頭ディスプレイ用の子象(チビゾウ)が誕生[2]。キャラクターデザインは『ブーフーウー』の生みの親である劇作家の飯沢匡と童話画家の土方重巳の2人が手掛けた[要出典]。

同年10月、応募総数4万6600通のなかから「サトちゃん」と命名され、新聞各紙やポスター・フジテレビなどで命名決定の発表が一斉に行われた[2]。

1982年には佐藤協力会の30周年を記念して考えられた妹の「サトコちゃん」が登場[3]。以後サトちゃんとともにマスコットキャラクターとなる。

その後も、ポーズ変更やリニューアルを重ね、店頭ディスプレイに加え、数多くのキャラクターグッズが存在している。

・・・・・・・・

凄いね。
凄いやね。

こういうキャラクターは「企業モノ」と呼ばれるのです。
そして、サトちゃんはコレクター垂涎のアイテムなのです!
もちろんオレもたくさん持ってますよ。

あの筐体だって全部欲しい。
店頭のやつを全部買い占めたい。
サトちゃん、サト子ちゃんが並ぶ部屋で暮らしたい。

いつも珍しいサトちゃんを店頭で発見する度に写メを撮る。
で1人「ムキー!」「欲しいー!」「可愛いーっ!」となり、同行者になだめられる。

そもそもが薬局には企業物が多すぎる。
魅惑のドラッグストア、魅惑のチキルーム。

毎年、何種ものアンパンが欲しいためにムヒを買う。
オレ、夏フェスすら行かないのに、蚊になど刺されん!
そんな何十本もムヒは、いらん!
オレは電気シェーバー派なのに、そんなにもカミソリいらん!
健康なんだから栄養ドリンクもいらんーーーーっ(怒)!

おまけ集めは果てしない。
今手に入れないと後で何十倍も苦労する。
これは人生と同じ。

サトウ製薬さん。
検索で引っ掛かり、この日記を読んだら、玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣に寄贈してください。
雨ざらしになどしません。
店内エントランスに並べます。
10体以上、大型のサトちゃん、サト子ちゃんを寄贈してくれれば店名を変えてもいいます。
「サト子ちゃん併設・出雲そば 日本一大名陣」
「玩具博物館併設・出雲そば 日本一サト子ちゃん」

ああいうのって解体屋さんがたくさん持ってんだよなー。
赤穂玩具博物館の鈴原さん、もう置くとこないならオレにくださいー(笑)。

と、また日記をあわよくば的な伝言板で使うとこがオレの小ささだな(泣)。

嫌なもん見た。。。。

あーあ。

ネットで見かけた24時間テレビのTシャツ。

あれ?
あれれれー!?

検索してみれば、奈良美智さんデザインじゃーん!
欲しいじゃーん!

検索ページにヤフオクの画面も表示された。
嫌な予感がしてクリック。

ああ。。

Tシャツ、大量出品。
世界の奈良さんのTシャツなので、海外の方などは高額でも欲しいはず。
「あの奈良さんがチャリティーのためにデザインした限定Tシャツ!わんだほー!」。

あほか。
書いちゃいけないけど、○○○か。

お金欲しいなら働いてください。

うかれぽんち

昨日頂いた音源を車中で早速パワープレイ。
勝手にパワープレイ。
パワープレイという名の1人オールリピート。

いや、いい。
泣ける。

好きすぎて、たまらん。

この好きは音楽が好きというのに加え、ヨコシマな「好き」も含まれる。
なので、名前を出せない。

あー。

すみません、好きです。
大好きです。

と、思わせぶりにこんなとこに書いておくのもオレのこざかしさよ。

嗚呼。

幼少時の想い出

これ、誰に言っても信用して貰えないだがホントの話し。

松江市内にダイエー系のローカルデパートがあったのです。
市街地、松江の中心部分です。
ダイエー系なので、ドムドムバーガーが入っていて、島根初バーガーショップでした。

そのデパート、道を挟んだ向かいが治安の悪い繁華街。
怪しげなネオン、風俗、成人映画館などがある一画でした。

とある夏休み。
当時何度目か野ブームで映画化されたウルトラマンの上映がその成人映画館であったのです。
朝から18時まで。
それ以降は成人映画営業。

ありえなくないですかー。
恐くないですかー。
当時のそんなシートに座ったかと思うと嫌じゃないですかー。

ウルトラマン。
その健全な映画を、なぜあんな場所で。

オレはウルトラマン大好きだから見に行ったけど、気持ち悪くなりました。
劇場が空いていなかったからもしれないけど、あんまりです。

なので、今でもハヌマーンを見ると得も言われぬ気分が込み上げ、気持ち悪くなります。
ブルーフィルムっていうか、昔のそういう女優さんって「全然違うでしょ!?」みたいな人ばかりで、好奇心旺盛のちびっ子でも「こりゃ参った」と嘆いたものです。
ハヌマーンには罪ないのです、ごめんよハヌマーン。

ウルトラマンに何故東南アジアの神が登場していたかも分かりません。
今思えば「倫理的にどうなの!?」です。
だって、例えばキリストがヒーローになりレッドキングと戦ったら怒られるでしょ!

後にハヌマーンの国へウルトラマンの権利を円谷プロが売り、その後問題が起きていました。
裁判では円谷プロが何度も負けていたので、よほどお粗末だったのでしょう。

大人になり、大人の事情も知りました。
だけど、ウルトラマンはヒーロー。
そこに目を伏せ、当時の夢を追い求めています。

そういや、ハヌマーンの映画面白くなかったなー。
総集編なんだもん。
あれから見返してないけど、相当厳しい映画だと思います。
子供の頃、上映される度に見に行ったんだけどね。

成人映画の劇場はとっくになくなりました。
今、あの辺はどうなってるんだろう。
茶巾寿司が美味しい店もあったんだけど。
あ、うちの支店もあったわ(笑)。

disってる割りに、その劇場の前にテメエの店があったというオチ(笑)。
なんだかなー。

で、脱線しましたがエロ映画館でウルトラマンを上映して子供の集客をしていたのはホントなんですよ。
松江大劇っつったかな。

そんな回顧録でしたとさ。

食べログ

食べログ。
いまだ、あんなもん信用してる人っているのかね。
たまに「食べログで検索してうんたら」みたいなのを聞くと驚く。

ちょっとネットで拾った日記。
少しだけ抜粋し転載します。

くだらんなー。
くだらんよなー。
集団訴訟の話しはどうなったんだろうか。

ほい、転載っ!

  ↓

食べログってあるよね。
飲食店やっていると、、なんか知らないあいだに登録されちゃうやつです。。

ちょいと調べたいことがありましたので、、食べログの有料会員ってやつに半年登録しまして、、
登録中はお店にとって不利益な投稿は削除してくれます。。

やめると、なかなか削除してくれません。。
削除して欲しければご入金をってやつでした。。

ちょっとね、家族のことが投稿されてたから削除してもらうためってのが一番の理由なんですが入金中はガンガン削除してくれます。。
わりと、イー感じで、張り切って削除してくれます。。

やめたら一切してくれません。。

サザエさん

うわ!
サイフ忘れた!!!!
もう15分も走ったではないか!!!

2分、悩む。
その間も進行方向へ進んでいる。

決断。

「戻る」

うむ。

あーあ、寄り道しようとしてたパン屋さん、間に合わないじゃん!
あー、オレのバカ、バカ!バカ!

取りに戻る。
折しも、朝の渋滞時間となってしまう。

うーむ。
よし、ルート変更だ。

で、道中に出くわした薬師へ寄り道。
実は、ここの薬師は大きなキーワードのある場所であったのです。
それが偶然にこのルートを通ることになり出くわす。
これ、行けってことでしょ。

という流れで参拝してきたんです。

でもって所用をこなし帰路へ。
急いで開店せねばなりません。

仕入れ先へ寄り、仕入れ。

会計になりました。
サイフを取り出します。

朝にこのサイフを忘れたお陰で、良い巡り合わせ。
感謝です。

さて、お支払いです。
おいくらまんえんですかー。

うわ!
うわわわわーっ!

サイフに、お金入ってないじゃん!!!!

うわーーーーーーーー!

丁寧に丁寧に謝り、すごすごと帰りましたとさ(泣)。

オレね、帰宅するとサイフの中身を全部出して金庫に入れちゃうんですよ。
で、また出かける際に定額を入れるのです。

朝の喧騒で、入れてないという大失態。

あー。
こんなん初めてですよ。
困りますよ。

カミュは自書で「太陽がまぶしいので人を殺してしまった」と描いた。
オレは、太陽がまぶしくてお金を忘れてしまった。

だめだ。
哲学にもなんにもなんねーや。

皆様、御迷惑おかけしました。。。。

目の神様


一畑薬師さんに参拝中。

山頂にあり、快晴も相まって非常に気持ちいい。
空が近く、抜ける風も爽快。

ただ、履き物を間違った。
ヒールならともかく、ベタの厚底はしんどい。
ここは山に建造されてる場所で、階段が多いのだ。

サイフ忘れて取りに戻ったためのルート変更。
こういうのは、インスピレーションに任せるのが吉。

いつぶりだろう。
記憶がないぐらい来てない。

風、めっちゃ気持ちいい!

!!!

うひゃーっ!

凄まじいプレゼントを頂いた!
ツボ!
全部がツボ!
もう、大感激です!

画像のアップはしないでねとことだったので、自分だけの楽しみにします。

やばいー
嬉しいー

大事に聴いて、大事に見ます。
ありがとうございました!

テレビで

観測史上最悪の台風が来て大騒ぎのなか、障害のある女の子を屋久島歩かせてるテレビ。

おまえ、それパンチありすぎんだろ。
嵐やないか。

地球を救う前に、少女とスタッフを救ってください。

サトコちゃん


本気で欲しい。
この乗り物、本気で欲しい。。。

アンデルセン物語「ミスターアンデルセン」

消してしまった前のブログから書いていたのだけど、インタビューで一番好きなアニメを聞かれると「小さなバイキングビッケ」と答える。
キャラクターで大好きなのはキャンティとズッコ。

キャンティとズッコとは「アンデルセン物語」に出てくる妖精。
声優が増山&山田というルパンコンビ。
この共演が評判を呼び、ルパン三世に繋がった。
今見ても二人の掛合いは天才的。

音楽は宇山誠一郎さん。
作詞も手掛け、作詞、アレンジと全てに関わっている。
先程の日記に詳細データを記載しているので詳しくは見て欲しい。
制作は虫プロ、手塚治虫さんの会社。
アンデルセン物語、後世のアニメーションに大きな影響を与えた名作だ。
知らなかったのだけど、近年になりDVDボックスが発売されているとのこと。

放送は71年なので、リアルタイムでは知らない。
何度目かの再放送で見ていたのだろう。

ベースがアンデルセン童話なので、やはり明るく楽しいだけのストーリーではない。
子供の頃は、そこはかとなく恐い気がしていたものだ。

物語にはストーリーと関係ないキャンティとズッコという妖精が出てくる。
これはストーリーテラー的な役割を担っている。

キャンティとズッコが好き。
声優が担う部分もあるだろうし、やはりあのキャラが好き。

オレは今でも「キミ、キャンティに似てるね」と声をかけることがある。
が、誰にも分かって貰えない。
今だと女優の井上真央さんがキャンティ似。
それがすっと出るぐらいに、キャンティとズッコが身体に入っている。

ビッケと制作陣が重なっているので、あの時代の諸外国イメージで作られた世界観が好きなのだと思う。
ハイジ、フランダースの犬などにはないドタバタとコミカルな演出が特徴。

うんとうんと幼いときの記憶。
3~4歳であろうか、何度か行った遊園地に「悟空の大冒険」「アンデルセン物語」など虫プロキャラクターの立体像が飾られていた。
これを何故だかよく覚えている。

アンデルセン物語、DVDの発売にあたり映像が若干綺麗になっているはず。
完全にリマスターまではしてないだろうが十分期待出来る。
今この作品を見た子供達はどう思うのだろう。

キャンティとズッコのオモチャも数少ないながら存在する。
キャンティのシャンプーボトルは数年前までたまに見かけることがあった。
もちろん何点かキャンティ、ズッコを所有している。

最近、キャンティーとズッコに感謝しているのです。
巡り合わせに驚いています。

皆さん、アンデルセン物語覚えていますか。

アンデルセン物語 動画有り
「ミスターアンデルセン」

アンデルセン物語

テレビアニメ「アンデルセン物語」(1971年)

アンデルセン物語
ジャンル テレビアニメ
放送時間 日曜19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1971年1月3日 - 同年12月26日(52回)
放送国 日本
制作局 フジテレビ、虫プロダクション
演出 藤田一郎、ほか
原作 ハンス・クリスチャン・アンデルセン
脚本 田代淳二、ほか
出演者 増山江威子、山田康雄
オープニング 「Mr.アンデルセン」
エンディング 「キャンティのうた」
「ズッコのうた」

カルピス一社提供。
1971年1月3日から同年12月26日にかけ、フジテレビ系の「カルピスまんが劇場」枠で全52話が放送された。1999年には、NHK衛星第2の衛星アニメ劇場で、全52回が毎週月曜日の18時から再放送された。視聴者の描いたイラストや、同アニメをモチーフとした作品を紹介するコーナーもあった。

現在、版権管理を行っているのは瑞鷹の関連会社である、サンクリエート。

2000年代には全話が収録されたDVD-BOXが日本コロムビアから発売された。2005年には3期に分かれて発売され(1が5巻セットで2005年3月23非、2が4巻セットで2005年6月29日、3が5巻セットで2005年9月28日)、さらには2008年12月17日に14巻全てのComplete BOXが発売された。しかし、巻ごとに話数どおりの収録とちぐはぐな収録(たとえば1巻の中に第41・44・48・49話が入っている)とがある。

ストーリー(テレビアニメ)
魔法の国の妖精キャンティが魔法大学に入学するには、魔法カードを100枚集めなければならなかった。魔法カードは、 良い行いをひとつする度にどこからともなく現れるカードである。キャンティは相棒のズッコを伴ってアンデルセンのお話の世界に現れ、何か良いことをするチャンスを探しはじめる。はたしてキャンティとズッコは100枚のカードを集めることができるだろうか。

スタッフ(テレビアニメ)
原作 - ハンス・クリスチャン・アンデルセン
妖精設定 - 牧野圭一
作画設定 - 関修一、波多正美
美術 - 小山礼司
撮影 - 林昭夫、白根基万
編集 - 千蔵豊
音楽 - 宇野誠一郎
音響効果 - 松下喜郎
録音 - 神原広巳
プロデューサー - 岩崎正美
制作 - 虫プロダクション
キャスト(テレビアニメ) [編集]キャンティ:増山江威子
ズッコ:山田康雄

増山と山田は、その後「ルパン三世」シリーズでも共演している。特に、第2シリーズ以降は共に主要人物を演じた。(第1シリーズにおける増山は、14話のゲスト出演) 1971年10月から12月には、多くの地域では第1シリーズが当番組の裏番組となっており、山田は3か月間両者の重複出演となっていた。

楽曲 [編集] 主題歌 [編集]全曲とも、作詞は井上ひさし・山元護久コンビ、作曲・編曲は宇野誠一郎による。

オープニングテーマ「ミスター・アンデルセン」
歌 - 桜井妙子、ヤング・フレッシュ
一部がShing02の「少年ナイフ」という曲にサンプリングされた。
エンディングテーマ「キャンティのうた」
歌 - 増山江威子、ヤング・フレッシュ
第1・2・5・6話以降の奇数回と最終回(第52話)で使用。
高橋洋子が2010年発売の「20th century Boys & Girls 〜20世紀少年少女〜」でカヴァーした。
エンディングテーマ「ズッコのうた」
歌 - 山田康雄、ヤング・フレッシュ
第3・4・7話以降の偶数回で使用。

日射し

午前六時、快晴。
恐いぐらいの青空。
日射しが暑い。

沖縄の台風、風速70メーター予想。
70メーターという数字は尋常ではない。

風速57メーターを体験したことがある。
鉄製のベンチが飛んでいた。

ゲリラ豪雨、地震など、やはり地球がおかしい。
暫く穏やかだった地球がここにきて変化を遂げようとしている気がする。
今後何十年、何百年と天変地異を起こすのではないかと心配している。

地球は変化の繰り返しを行なってきた。
大洪水、氷河期。

沖縄、どうなるんだろう。
皆さん、どうかご無事で。

北海道、震度5の地震は大丈夫でしたか。
報道あまりされませんが、現地大変だと思います。
液状化も起こっているでしょう。

福島のお米、全袋検査をすると発表。
しかし異常数値が出ない検査のやり方。

日本全国どこででも福島の子供が医者にかかった際、甲状腺異常をみてはいけないとお達しが出ているそう。

竹島、尖閣諸島の問題が叫ばれ韓国の在り方を論議しているが、日本もかなりおかしい。
自分と自分を取り囲む環境だけは安全という考えは、自分が被害に遭うまで変わらないのかもしれない。

ジャーナリストの山本美香さんが殺害された映像、遺体の映像がネットで拡散されている。
平和への警鐘ばかりでなく、興味本位グロ画像として拡散されている。

24時間テレビが今年もスタートしている。
募金を前提とした番組。

様々なことが頭をよぎる。

暑い1日が今日もスタートします。

地震、台風

北海道と沖縄の皆さん、大丈夫でしょうか。
沖縄の台風は、これから直撃です。
地球の天変地異が始まったみたいです。。。

どうぞお気をつけて。

すみません。。。

あちらを立てれば、こちらが立たず。
こちらを立てれば、あちらが立たず。

不義理ばかりで、すみません。。。。

GAMA ROCK FES 2012

いや、いいんだけどさ。
とりあえず「ハウンドドッグ」はメンバー等の詳細を教えて欲しい。

9月22日に宮城・塩釜市みなと公園にて開催される野外ライブイベント「GAMA ROCK FES 2012」の追加出演者が発表された。

今回発表されたのは細美武士、HOUND DOG、おおはた雄一の3組。これまでにATSUSHI(Dragon Ash / POWER of LIFE)、Caravan、黒田征太郎×中村達也、中田裕二、ピストルバルブ、ミト(クラムボン)ら、宮城県や塩釜市に縁の深いアーティストの参加が決まっている。

このイベントは、東日本大震災被災者への支援活動の一環として、塩釜市出身の写真家、平間至とDragon AshのATSUSHIの呼びかけにより開催が決まったもの。当日はライブ以外にも、地元飲食店の出店やワークショップ、トークセッションなども行われる。

GAMA ROCK FES 2012
2012年9月22日(土・祝)宮城県 塩釜市みなと公園
<出演者>
asari×MyPiano / ATSUSHI(Dragon Ash / POWER of LIFE) / おおはた雄一 / おひつじ座流星群 / Caravan / 黒田征太郎×中村達也 / 柴田三兄妹 / CHEAP PURPLE / 中田裕二 / HOUND DOG / ピストルバルブ / BRIGHT KIDS / 細美武士 / mito(クラムボン)

ゴーヤ

今シーズン、初ゴーヤ。
もう夏も終わるのに。

チャンプルー作る時、オレは絹ごし豆腐を使用する。
ふわふわで美味しい。

今回、味噌床の味噌で味付けした。

うんまい。

そういや、昔はゴーヤを塩もみして使ってたけど、知らぬ間にそのままで気にならなくなった。
馴れたんだろうね。
ワタさえ、しっかり取れば美味しい。

ゴーヤを炒める際に、顆粒かつおだしを入れることを発見した人は、フグのさばき方を太古の昔に編み出した人ぐらい偉い。

そして、豚肉の味噌漬けは相変わらず美味。
和食って、しみじみ美味しいですね。

8月24日

30年前の今日はTHE ALFEEが初めて日本武道館公演を行なった日。
「ヒット曲なしで武道館」と云われ、メリーアンはすでにリリースしていたもののヒットしたのはチケット完売後であった。

入場者に特製ビデオがプレゼントされるという試み。
THE ALFEE恒例、夏の野外イベント第二日目はイレギュラーで、この日本武道館公演となっている。

デビューから8年目の武道館公演。
悲願のヒット曲が生まれた。

あれから30年。
坂崎さんが感慨深く話していたのが印象的だった。
数年後からTHE ALFEEはクリスマスに武道館三日間公演がスタートする。

明けて25日はTHE ALFEEデビュー記念日。
38年目の8月25日。

珍しく熱いメールを送った(笑)。

おめでとうございます。

崖の上のポニョ

今夜放送されている、崖の上のポニョ。

あれ、面白い話しがあります。
宮崎駿さんが、スマイルカーに乗っていたく感激(笑)。
一緒にどこに行った時だったかな。

で、ポニョの予告見てビックリ!
お母さんが乗ってるクルマ、スマイルカーじゃん!!!

ひー!
驚いて、すぐ宮崎さんへ電話。
「ちょーっ!あれ、スマイルカーじゃないですかーっっ!」
すると、宮崎さん、
「ふふふ、気が付いた?」と受話器の向こうで笑う。

くー!
つか、気付くよ(笑)。
色はムラサキになっちゃってんじゃん(笑)。

映画を見に行くと、あのスマイルカーちゃんが大活躍。
なーんか嬉しくなったのでした。

ジブリに特定出来る国産車が登場すんの珍しいでしょ?
あれは某メーカーの某車種なんですよ。

本家スマイルカーは車内も綺麗に塗り分けてあって、ホイールも窓もスマイルなんだけど。

この前、曽我部くんがスマイルカーをマジマジと眺めて「やっぱコレ、最高に可愛いっすわ」と言ってた。
曽我部くん、どうやらツボみたい。
彼もまたミスタースマイルなので。

ポニョと玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣の関係、驚きましたか。
公開時はあまり言わないようにしてましたから。

うあっ!
そうだ、思い出した!
オレさ、ポニョのスポットが流れた瞬間に替え歌を日記やらmixiやらに書いたのよ。
したらそれが、今で言う「拡散」されちゃって色んなとこで大騒ぎに!
随分怒られちゃって大変だったんですよ。
「不謹慎だ!」とか言われちゃってさ。

意味がどうこうじゃなくて、言葉乗りを重視して何となく歌ってただけなんですよ。

ほとぼりが冷めたので、満を持してここで解禁します。

ぽーにょぽーにょぽにょ♪
めかけの子ー♪

「めかけ」と「さかな」ひとつも合ってない(笑)。

「妾の子」ってのが不謹慎つって、うんと叩かれたのも良い想い出。

けど、これクセになります。
さあ、歌ってみましょう!

れっつ、しんぎんっ!

ぽーにょぽーにょぽにょ♪
めかけの子ー♪

わんもーっ!

ぽーにょぽーにょぽにょ♪
めかけの子ー♪

あげいんっ!

ぽーにょぽーにょぽにょ♪
めかけの子ー♪

せいっ!

ぽーにょぽーにょぽにょ♪
めかけの子ー♪

まだまだー!

ぽーにょぽーにょぽにょ♪
めかけの子ー♪

らすとーっ!

ぽーにょぽーにょぽにょ♪
めかけの子ー♪

はい、これであなたは暫くこの歌が頭に付いて離れません。
つい、口ずさんでしまう魔法の呪いがかかりました。

ぽーにょぽーにょぽにょ♪
めかけの子ー♪

いや、いいんだよ。
めかけは、もういいんだよ

宮崎駿さんが、オレのスマイルカーに感化されて映画に登場させてくれたことを告白したかっただけなんだよ!

知らなかったでしょ?
ええ、人知れずでしたから。

はい、人知れずなはずですよ。
嘘ですもん。

あ、めかけの歌はホントです。
お付き合いありがとうございました。

スケジュール管理

意を決してスマホに年内を全登録。
やはり凄いことに。

仕事がたくさんあるのは嬉しいのだけど、空き日が1日もないスケジュール帳を見るのは何か嫌。
矛盾ではあるのですが。。。

重要な打ち合せなどがどんどん入っているので、バッティングしないよう調整。

数年前では想像すら出来なかったことに多数関われている現状。
冷静かつ真摯に取り組んでます。

今月一杯は蕎麦業に専念。
蕎麦業務優先にしています。

来月から併行した様々な業務の具現化が始まります。
毎日ワクワクして過ごせるって幸せです。
感謝です、感謝。

豚のみそ漬け

「白米が進むおかず」として、豚のみそ漬けが紹介されていた。
そういえば久しく食べていない。

ネットでレシピを検索して、驚くことがあった。
肉を漬ける味噌床がシャバいのだ!

みそ漬けの味噌は粘度が高く、ガーゼを用いて食材を挟む。
こうすれば味噌が直接付くことがないために、焼く際の焦げ付きを防ぐ。

が!
シャバければ、ガーゼの手間もないし簡単、手軽!

ということで作ってみました。

味噌(お好みで)
醤油

みりん
ごま油
にんにく
しょうが
ハチミツ

割合は何をどうやっても成功します。
美味しくするには、思い切った甘みにしてやることです。

漬け込んで2時間の物を試食しましたが、美味しい。
これは良い。

けれども薄くすると日持ちの問題もあります。
そして漬けすぎると旨味が流れ、豚肉はハムみたいになってしまいそう。

ですが家庭のおかず、お弁当には最適。

今回はブロックを買ってきて、自分で捌きました。
切り分けられた物より美味しい気がします。

こういう飯泥棒的なおかずって、いいですね(笑)。

THE ALFEE

THE ALFEEのベストアルバムを聞いている。
ヘビロにも程がある。
ま、THE ALFEEの場合毎回そうなのだが。

大音量で聞きながらも感慨に更ける。
収録曲の全てがリアルタイムで聞いていたモノばかり。
何だか嬉しくてニヤニヤする。

曲なんてレコーディングを終えた時点で送りだしてしまう物と化す。
あとは受けてが育て、アーティストは演奏を続けて育て。
そんなことを考えると、この熟成している高価ワインのような楽曲達に、また嬉しくなる。
たくさんの想い出が楽曲と共に刻まれている。

この2012年にリメイクされた楽曲を聴き、不思議な気分もする。
そして今なお現役、業界のトップを走り続ける偉大な先輩に敬意を。

何か勝手に自分も誇らしくなってみたり。
もうこれだけ見届けてるんだから(笑)。

ということで、車内はずっとTHE ALFEEです。
同乗の皆様、ごめんなさい。

価値観

安易に価値観という言葉を口にしてしまう。
「価値観が同じ人がいいです」などと。

価値観が同じなんてこと本来はないって知ってる。
魂が向かう方向が同じベクトルであればいいなと思う。

近年、特に信頼出来る仲間に囲まれている。
行動や理論が極端なので、下手な常識人は離れていくからかもしれない。
常識人ってのが、また曲者なのだ。

ありがとうを伝えるならメール、電話、手紙など方法はいくつもある。
けど俺は直接出向き、相手に言葉で伝えたい。
この感覚も今では昭和的発想と云われる。
時間とお金、労力が無駄なんだそうだ。

んなもんを無駄で終わらせてどうすんだ。

常にこんなレベルで葛藤する。
何だかバカバカしいのだが。

どちらにしようか迷ったら
「どっちがロックか?」
これで決めるぜ

そうサラリと言い放つ友人がいる。
何と逞しく勇ましいことか。

こんなことを言った友人もいた。

夢なんていつ叶うか分からない。
明日なのかもしれないし、一生叶わないのかもしれない。
頭がいいやつは諦める、だって現実的ではないから。
でもバカは、明日こそ必ず、明日はきっとと諦めない。
オレは、いつまでもそんなバカでありたい。

と。
泣ける、本気で泣ける。

可能性はゼロじゃないからタチが悪い、そう表現していた。
だから捨てられないんだって。

惰性でなく、ひたむきに取り組むことは凄いこと。
そんな仲間を、ただただ尊敬する。

世の中のルールには色々ある。
気持ちが同じ仲間と、この時代を駆け抜けて行ってることを誇りに思う。
時代のせいにしてる場合じゃねえだろって。

嬉しい場面に出会うことが増えた。
涙もろくもなった。
悲しい涙でなく、嬉しい涙が増えた。

審美眼で繋がった仲間は、無条件で信用出来る。
お金は大事だけど、そんながっつかなくていいよ。
後で必ずついてくるもんだから。

毎日笑えて幸せです。
ありがとう。

電子書籍

タブレット端末は読書が売りでもある。
雑誌など多数の種類が揃っている。

俺は何か抵抗がある。
ちゃんとブツを手にしたいのだな。

あと、それでなくとも電子画面を見る時間が多いのに、集中して読む書籍を電子端末で平気なのかと不安になる。
どうなんだろう。

は!
今、チェーンのファミレスに来ているのだけど、オヤジ二人組が来て「しじみ汁は、ねえのか」と暴れておる。

一言、いおう。

「ねえよ、んなもん」。

ひょー、凄まじい破壊力。。。

またまた

何だか面白い展開。
ジェットコースターに乗っているかのよう、といえば表現が古いか。

各界の偉人に囲まれ、青二才が懸命に動いてます。
刺激を受けながら、自分のエッセンスを足し新しいことに挑戦です。

出会いとは数奇なモノ。
そして、こちらが求めてこそ出会えることもあり、不思議な縁を感じる。

本日はメモリアルな1日になった気がする。
現在午前4時17分。
まだまだ作業は終わらないのだが、一旦ここで本日はおしまい。

様々なプロジェクトを手がけているので、自分自身で交通整理。
ホント目まぐるしい。
こういう環境に身を置かしてもらい、ただただ感謝です。
ありがたいですね。

むむむ

富士山からメール受信。
標高が高いと電波がいいらしい。

今朝はミラクルの連続。
物事が進み出すときって、案外こんなもんなのかも。
上手く形にしたい。

ここで発表したくてたまらないことがいくつもあります。
無事情報解禁まで持っていきたいです。

理由はないけど、なんだかとても上手くいく予感がするんです。

頑張りますよー!

ひゃー

実話。

今朝、青森ナンバーのお客様来店。
「お客さん、青森ですかー!」
「オレ、良く行くんすよー」
「青森、大好きなんですよー」
などと雑談。

「お店(飲み屋)どこ行くの?」
と、お客さん。

「会館のそばにある有名な居酒屋さん行きますよ、人気のとこ」

するとお客さんが、こう言った。

「それ、うちの店だよ」

うひゃー!
ま、まじかいなー!

名刺を頂くと、確かにそうだ。
永ちゃん、ユーミン、THE ALFEEと行かない人はいない名店。
予約すら難しい店。

「いやー、お兄さん見たことあんなぁって思ってー」
と。

確かに目立つ風貌ではある。
そして、お店で毎回大騒ぎで「うまーっ!」「うわ、なんだこれーっ!」「ぬおー」なんて食事をする迷惑客でもある。

そうだなぁ。
あまりに毎回オレが喜んで食べるので、行く度にサービスしてくれんだよ。
珍しい食材とか。

今はグループとして大きくなり、社長はスタッフにまかせ、こうして旅に出たりするそうだ。
しかも社長、料理の修業を中国地方と福岡で積んだとのこと。
凄い偶然!

いや、驚いた。
オレ、私服と営業中は180度路線が違うのに。

青森と島根よ!?

また行きたいので、青森のブッキングしよー(笑)。
しっかし、社長よく気が付いたね。
嬉しい出会いでした。

写真の並び!!!

TSUKUSUさんのオフィシャルサイトにて発見!
凄い写真の並び!

矢沢永吉→THE ALFEE→石田ショーキチ

な、なんだ!?

TSUKUSUさん、いつもありがとうございます。。。
http://www.tsukusu.jp/main.cfm

うなぎ

うなぎ食べたい。
最近気が付いたが、どうやら鰻が熱狂的に好きだ。

好物が、鰻、寿司、天麩羅、蕎麦。
どんだけジャパニーズですか、オレ。

鰻の高沸はニュースの通り。
今年は牛丼チェーンの鰻もあまり食べなかった。

先日、スーパーで蒲焼き4000円ってのを見た。
それは、やりすぎ。
いくらなんでも高い。
原価いくらだと思ってんのさ。

4000円なら老舗の美味しい鰻を食べることが出来る値段。
なら、いらんよなぁ。

美味しい鰻を食べるには自分で焼くか、信頼出来る料理屋さんに行くか。
高い値段出してるのに、焼き置きの鰻とか切ないもんな。

高知に四国一と呼び声高い名店がある、らしい。
行ったことがないのだよ、ここ。

大正軒というお店。
凄いのは完全予約制、日曜日お休みという徹底した店。

くぅー、行きたい。
行きたい、行きたい。

高知は鰻店が多い。
四万十は鰻で有名だ。

先日、旨味屋さん近くの鰻屋さんへ飛び込みで入った。
旨味屋さんを出て左折、突き当たりにあるお店。

驚愕!
蒸さない直焼きなのだが、極限までパリパリに素焼き。
最後に、トロミのないさらっとしたタレにくぐらせあぶる。

食べると、表面はパリパリ、中はふっくら。
トロミのないたれは、あっさりしている。

あんなタイプを初めて食べた!
驚いた!
でもって、旨い!

ホテルアベスト側にあるファミマ隣の店も行った。
ここは定番、トロミタイプのタレ。
いわゆる、よく知る鰻の味。

一番有名な、かいだ屋さんも未食。
一度行ってみたいのだけど、郊外にあるためにタイミングがない。

最近よく四万十に行くのだけど、鰻の名店に関してはリサーチ中。
現地の方に聞くと「うちに来たらいいよー」と電話番号を教えてもらった。
四万十、天然うなぎを獲ってくれるらしい。
高知の人、なんていい人!
お店の人でもなんでもないんですから。

うーなーぎー。
今年の丑の日に、美味しい鰻を十刻さんが原価放出していて、どれだけ高知へ走ろうと思ったことか。

そうそう。
焼きに関しては直焼きでも蒸しでも好き。
美味しければ好き。

まず、大正軒さんだな。
大正軒さんツアー。

頑張って働こう(笑)。

お気に入り


こっそり通うお店。

先日、現場の前に一瞬立ち寄る。
時間、全然なかったんだけど美味しい物を食べないとやっとれん!的な状況のため急ぎで。

ここ、カジュアル洋食の店なんだけど、とにかく丁寧。
いつも細かい配慮に驚かされる。
時間帯によっては、毎日満員なのも納得。

で、安い。

写真のセットは終日頼める日替わりセット。
値段はなんと880円!
毎日二種用意されているのです。

普段着の味付けで、そこも落ち着く部分。
たまーに食べたくなるのです。

だいたい複数で行き、シェアして食べます。
どのメニューも外れなし。
しっかし安い。

この日はポークカツレツだったんだけど、デミもジャブジャブ。
スープが異常に美味しかった。
そして完全にお箸で食べるよう変化してた。
ちゃんと切り分けてサーブされんのね。

おまけで、カツが三切れ乗ってました。
ええ、顔を覚えられてます。

時間がないので、慌てて食べたのが悔やまれる。
ここは、行くとホッコリするお店です。

あと10日

長かった夏、そして8月も実はもう終わる。
そして暑くて大変なので長く感じたが、実は7月まで今年は寒かった。
一昨日なんてヒョウが降ったので、やはり異常気象なのだろう。

異常気象っていうかさ、世界が変わってきてる真っ只中を体感してるんだろうね。
地球とは変化の繰り返しをしているのだから。

基本的にオレは疲れないのだけど、なぜかを考えた。
それはもしや休まないからではないかという自己結論。
休むから身体がしんどいんじゃないか!?
気が張ることもあるのだろうが、忙しいときって疲れや眠気すら感じない。
いつも忙しいと疲れてる暇がないのだろう。

明日が休み!
家に帰れば寝れる!
来週は温泉いっちゃうぞー!

なんて思ってると、そこにあわせて疲れが出てくるのではないだろうか。

自分自身で働く分には労働基準法など関係ない。
これもまた自己追求。

やりたいことが多すぎる。
年々それが増えてくる。

地方を拠点ベースにしていると、時間の流れがゆっくりすぎて不安を感じる。
この空気感のなかで緊張感を保つには、やはりそういう現場へ常に足を運ぶことが大事なのかもしれない。
あと自分が凄いとか思わないこと。
ま、凄くもなんともないのだけど(笑)。

あと10日で9月!
バケーションを兼ねた沖縄行きは、はかなく中止となりそう。
9月の予定が尋常ではない。
そして再来年いっぱいまで予定満載だなんて、なんだか嬉しい悲鳴。

水面下で様々なプロジェクトが進行中。
今日から、まだそれらに取りかかる。
憧れだったあの人にも会えるかもしれない。

オレは会いたい人が二人いる。
逆にいえば二人しかいない。

会おうと思えば会えるんだろうけど、そこは会い方にもこだわりたい。
唯一残った最後の二人だからだ。

二人ともご高齢。
そして二人とも体調が悪いと伺っている。
急がねばならない。

すると、そのうちの1人に会えそうな空気が!
しかも仕事絡み!

いや、たいがい会えるんですよ。
誰かにお願いすれば、会えない人なんていないんですよ。
けど、この二人に関しては大事にしたいので慎重に慎重に夢を育てて来たのです。

降って湧いた面会のチャンスに、ちょっと弾んでいる。
どれだけこの瞬間を待ったことか!
頑張ってればご褒美がやってくるものですね。
怒髪天だって矢沢永吉さんと同じステージに立つんですから。

「仲良くなれっかな」などと妄想するのも、また楽しい。

会いたい二人、日記にもよく書くし、実際にもよく喋ってるので知ってる人も多い。
よく「会わせてあげようか」と誘ってもらうこともある。
いえ中途半端な会い方は嫌なので、丁重に断るんですけど。

1人は加山雄三さん。
子供の頃から大好きだ。
ファンなので「雄三」と呼ぶぐらいに好きだ。

今回の話しは、もう1人の方。
なので名前は書かない。
知ってる人は「えええ!マジですかーーーっ!」と驚いていることでしょう。
はい、ホントに好きですから。

想いは諦めず、ずっと願い続けると叶う。
欲しいものだって必ず手に入る。
実現しない場合は自分の願いが足らない、想いが低いだけ。

平身低頭、謙虚を自分に言い聞かせ、日々邁進。
周りから色々言われても真実はひとつ。
自分が正しいと思うことをやるしかないと思うのです。
こんなローカルで、それを貫くのは大変なんですけど。

たまにこうして驚くほどのご褒美がやってくる。
自営業の自分にとっては、これこそが人生のボーナスなのだと感じる。

9月6日は玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣、開店記念日。
まずはそこに向け、突っ走ります。

怒濤のお盆休み営業、たくさんのご来店ありがとうございました。
そして協力してくれた全ての仲間に感謝します。
プロフィール

玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣

Author:玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣
-
-
PC用ホームページ
携帯用ホームページ


「玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣」

■お客様が快適に過ごせますよう御願い

※ゆっくりとお食事していただくために、18歳未満のお子様連れ入店をお断りしております

※全ての撮影、WEBへのアップ一切をお断りしております

※当店は蕎麦店につき、食事目的でない方は入館料1000円を頂戴しております

※当店はメディア取材は受けておりません

●●●●●●●●●●

創業昭和40年、今年で51周年を迎えました。  
昔ながらの出雲そば「古式出雲そば」と、しじみ料理専門店です。

店内には、おもちゃ、骨董、古民具、書画、焼き物、ギター、和ガラス、アンティークカメラ等のコレクションを数万点常時展示、お食事の方はゆっくりご覧頂けます。

THE ALFEE 坂崎幸之助さんから暖簾を寄贈して頂いた唯一の店。
坂崎さん提供による「坂崎幸之助アンティークカメラコレクション展」公開中。
当店は全国各地のミュージアムにて開催している「THE ALFEE 坂崎幸之助コレクション展」の企画制作を担当しています。

■現在開催中
【怒髪天 増子直純さんソフビコレクション展】
【開運!!なんでも鑑定団 北原照久さんコレクション】

■2017年3月1日~6月4日
THE ALFEE 坂崎幸之助コレクション
「和ガラスに抱かれて」
~日用雑器としてのガラスのはじまり~
○福井市愛宕坂茶道美術館
○福井市橘曙覧記念文学館

宍道湖を見渡せるお座敷で、本物の出雲そばと、しじみ料理をご賞味ください。

営業時間 12時~売り切れまで
松江市宍道町宍道729
もしもし0852-66-0961

お問い合わせ

dmjshingu@gmail.com



ホームページへ戻る

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク