LEGO BIG MORL


▼リリース記念 インストアイベント

・3/31 大阪・タワーレコード梅田NU茶屋町店 19:30~ トーク&サイン会

 対象店舗 : タワーレコード難波店 / 梅田NU茶屋町店

・4/1 岡山・タワーレコードアリオ倉敷店 15:00~ トーク&サイン会

・4/2 愛知・タワーレコード名古屋パルコ店 19:00~ アコースティックミニライブ&握手会

・4/4 福岡・タワーレコード福岡パルコ店 19:30~ アコースティックミニライブ&握手会

・4/5 広島・タワーレコード広島店 19:00~ アコースティックミニライブ&握手会

・4/8 宮城・タワーレコード仙台パルコ店 15:00~ アコースティックミニライブ&握手会

・4/12 新潟・タワーレコード新潟店 19:00~ トーク&サイン会

・4/20 北海道・タワーレコード札幌ピヴォ店 19:00~ アコースティックミニライブ&握手会

・4/22 東京・タワーレコード渋谷店 19:00~ ミニライブ&握手会

 対象店舗 : タワーレコード渋谷店
スポンサーサイト

毎日



やることが沢山です。
特にこの1ヶ月は怒涛な感じかもです。

松江は毎日毎日、雨で寒いです。
やっぱ温暖でスカッと抜けた空が好き。
高知や鹿児島にいると、とにかく気分いいです。

宿題が山盛りですが、これは数ヵ月後には形になります。
いつもこうして仕込みの時間があるのです。

和ガラスを本格的に勉強して10年近くになるでしょうか。
坂崎さんを始め周りには専門家ばかり。
そのお陰で何だかとても詳しくなっている事に気付く時も。
学んでる時は自分じゃ分かんないんですよね。

大人になっての勉強が楽しいのは、自分が学びたい事を掘り下げるから。
オレは熱くなっちゃうと、のめり込み方が激しいんです。
しかも、いつも複数の同時進行。

坂崎さんとか所さんが楽しそうに見えるのは、プロフェッショナルだからなんだと思います。
遊んでる、楽しんでるとか言われる大人は全然勉強してるし、寸暇を惜しんで働いてる人。
そういうのって格好いいなと。
中途半端じゃないのって、なかなか出来ませんから。

新しい事に飛び込むのは誰でも不安かもしれませんが、やれる事を200%の勢いでやれば、あとは楽しんでやる!って気持ちで進むべき。
もうこれ以上ないって胸張れるぐらいまで突き詰める。

今、人生初の取り組みを。
けど楽しいんですよ。
考え出すと、あまりの大事にびびりそうになるので、そこはあまり考えず。

こうして新しい事にチャレンジさせてもらえるのが、ありがたいなといつも感謝してます。
オレ、いつも直感で「はい、やります!」「もちろん!」って返事するんだけど、大体が外れてないというか、後で考えてもあの時受けて良かったと思うことばかり。

だから、いつもテンション高いんです。
今も「ピカチューのクルマを造るんじゃいー」って言い出して怒られてたとこです(笑)

スロークッカー



入れるだけでいいので便利。
容器部が陶器なので美味しく仕上がります。

江戸ガラス



ホントに女性がガラスを作ってたのかは分からないけど、こういう資料にはワクワクします。
足元や戸棚にあるガラス達は江戸ガラスそのもの。

オレもいくつか江戸ガラスを持っていて、コイツは100年以上前の時代から生きながらえて来たのかと思うとロマンを感じずにはいられない。
コイツはどんな風景を見て来たんだろうかと考えてしまう。

日本のガラスは弥生時代から歴史を刻んでいる。
純日本産ガラスがいつから出来たかはハッキリされていないけど、それでも2,000年前から日本でのガラスは伝承されている。
ローマングラスなどは紀元前から作られているのだから驚きだ。

よくガラスの起こりは、海岸で焚き火をしていて、その燃えカスからガラス化された物質を見つけ、鉱石を加熱するとガラスになる事を発見なんて説があるけど、あれ全くデタラメだそうです。

おすすめ。



コイツ、持ち歩いてると便利です。
分かりやすいですよ。

おすすめ



行きつけの和菓子屋さんが季節限定の
自家製シロップを販売している。

りんごシロップを購入。
水で割り氷を入れ国産レモンスライスを入れる。

おお。
まるでフルーツジュースのような、アルコール抜きのシャンパンのような。
なんて美味しいんだろう、これ。

女の子はビールに少し混ぜてもいいかも。
ここの和菓子屋さん前から知ってたんだけど最近よく通います。
何でも美味しいんです。

おすすめ



行きつけの和菓子屋さんが季節限定の
自家製シロップを販売している。

りんごシロップを購入。
水で割り氷を入れ国産レモンスライスを入れる。

おお。
まるでフルーツジュースのような、アルコール抜きのシャンパンのような。
なんて美味しいんだろう、これ。

女の子はビールに少し混ぜてもいいかも。
ここの和菓子屋さん前から知ってたんだけど最近よく通います。
何でも美味しいんです。

落ち着く場所



四国、九州、北海道、沖縄は何か落ち着く。
考えてみれば全部島というか本土から渡った場所。

基本的に自分のクルマで自分の都合で動きたいので、レンタカーが多い北海道、沖縄よりも九州と四国の方が自由度が高い分、足が向く。
最南端の鹿児島だって7時間あれば到着する。

島国の解放感と食の充実度はなんだろうか。
お国柄も温かい感じがする。

写真は長崎、雲龍亭のキモテキ。
ここはオレのナンバーワン餃子。

コレクション展を開催し通いたい…
四国も九州もまだ未開催。
愛媛は道後で1度やってはいるものの、内容が全然違う。

最近、某ミッションで追われてます。
すっげー楽しい。

可能性なんて無限にあるし、しかもチャンスがあるのなら乗らない方が不思議。
何をやるにも初めてがあるし、1歩踏み出さない事には始まらない。
そこから勉強が始まり、経験と実績を生む。

オレは不思議と自分の直感で始める新規の取り組みに迷いがない。
チャンスは逃さないタイプだと言われる事も多いけど、打算的な事は考えず初期衝動だけで突っ走るので自分ではよく分からない。

なので、周りでみすみすチャンスを逃す人を見ると複雑に思う。
選択も人生も人それぞれだからいいんだけど。

お金貯めてからとか勉強してからとかってタイミングを逃す事が多い気がする。
何をやるにも初めてが遅すぎるってないんだけど、やるなら今だと思う。

オレの仲間は突き進むタイプしかいないので、たまに負のスパイラルな人に出会うと新鮮。
友達、仲間で変わる事は多く、人間関係ってホント大事。

負は自分が引き寄せるもんなので、考え方で全てが変わる気がする。
北原さんからは多くの実践的な事を教わった。
関心、感謝、感動の「3カン」は特に大事な出会いだった。

あと、怒髪天。
増子さんの紡ぐ言葉、メッセージ、行動、生きざま、そして歌は衝撃だった。
ダメな自分が頑張る歌。
怒髪天の歌を自分が歌うと、それは自分への応援歌になる。
50歳を越えて、いきなりミュージカルの主役をやるとか普通なら絶対に有り得ない。

各地方にも友達や親しくしてくれる人達がいて、しみじみありがたいなと感じる。
どこに住もうが何をやろうが全部は自分次第。

この10年、過去最高に勉強してる。
自分が学びたい事を勉強して発見を得るのだから楽しくて仕方ない。

今やってる事業も普通なら絶対に有り得ない事。
頭も沸騰してパンクしそうなんだけど、そこも含めて楽しむようにしてる。
まだ発表出来ないけど水面下で多数の準備がある。

それもこれも小学生で、坂崎さんのラジオに出会ったのが始まり。
今でもあのプロフェッショナルぶりには驚かされるし到底追い付けない。

人の幸せとは、一生尊敬できる師に出会える事。
そんな言葉を北原さんから聞いた。
本当にそうだなと思う。

さあ作業に戻ります。
オレの夢に付き合ってくれる仲間に感謝してます、サンキュー!

トルソー



「何故、車内にトルソーがあるんですか!」
と、驚かれる事多し(笑)

ドリンク



ストローをインしてくれていたコンビニ店員。
飲み物か。

恐ろしい国だ 「首相を侮辱vl\g | Q_CDIGITAL


何も書けないマスコミだらけのなか、日刊ゲンダイは偉い。
というか普通の事なのに。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/201766

オレはオレで



絶賛、謎の作業中。
大変なんだけど非常に楽しくやってます。

いえいっ!

この7年?今までで一番勉強してる気がします。
大人になってからの勉強は非常に楽しいし身になる。

教えられない店



「ネットに載せないで」という店がある。
ネットに載ると質の悪い客が増えるのが理由。

オレがたまにお邪魔するアンティークショップもそう。
営業は週に3回、とにかく上質で安い。
あげく毎回珈琲淹れてくれたりお菓子が出たり。

良いものを手に入れるには良い客になること。
「あの人に売りたい」と思われること。

そのためには綺麗な買い方が必要となる。

「売ってやってる」「買ってやってる」
ではなく
「買って頂いた」「買わせて頂いた」
と双方が思う事ではないかと。

骨董買うのは値引き交渉も楽しみのひとつ。
ただ、そこにはルールがある。

値引きNGの店があり、そこで値引きなど言おうものならどうなることか。
相場よりあまりに安い店での値引きや、あまりに安い物は値切らないでよって思う。

30万円の物をいきなり「10万円で買ってやる」と上から目線で来るヤツが少なくないらしい。
どうなってんだか…

入れ値ありきの売値は分かるけど、誠実ではない店も逆にあるわけで。
オレが行く店は「安く仕入れたから安く売るよ」ってとこが多い。
ところが法外な値段をつける骨董屋さんは今でもいる(年配経営者に多い)。

骨董にもある程度、流動的な相場がある。
それは沢山のお店を覗いてると分かる。
今だと焼き物、掛け軸なんかはタダみたいな値段。

従順過ぎればカモられるし難しい。
そんなお父さんが嬉しそうに蒐集品を見せ、自慢げに買値を話してくれる。
骨董屋がわざわざ自分ちまで掘り出し物を持ってきてくれるのだと話す。
もう大概やられてる。
質の悪い業者は騙しやすい人間を狙う。

骨董屋という商売には正解がないので難しい。

骨董屋さんで良くない行為は、知ったかぶりや自慢。
聞けばいいのにと思う、相手は専門家なんだから。
オレは骨董屋さんで色々質問をする。
それでこそ学びになる。

骨董屋さんは基本的に1点物の取り扱いなので、良店であるほど、教える事が阻まれる。
良い店は内緒にしておきたい。

初めて行く店や、値札がついてない店は俄然やる気になる。
礼儀と、挨拶、そしてコミュニケーションが大事。

コンビニは声を発さず買い物が出来る。
人間関係が希薄となっている昨今、コミュニケーションのある買い物は楽しい。
馴染みの喫茶店へ行く感覚にも似てる。

玩具博物館併設 出雲そば日本一大名陣は、撮影、ネット掲載をお断りしている。
足を運んだ人がのんびり楽しんでくれればいい。
そのために18歳未満のお子さま連れの入店もお断りにしてある。
ガイドラインを設け、過ごしやすい空間を作る事もお客さんへのサービスだと思う。

初めに書いた、ネット掲載不可のアンティークショップは居心地がいい。
お客さん優先のお店は心地いい。


実害


大田さんのブログを勝手に拝借。
世の中には信じられない事が平然と起こる。

訴訟起こされて負けないと分からないのだろうか。
常識の違いと一言で収まらない。

近寄ってくるなよ、迷惑だから。
お前だ、お前。

と書かれても自分達の事だと気付きもしないのだろうと思うと、本当バカバカしくなってくる。


>ブログのコメント等でも、よくこんなことが書き込まれる。

 「今度、うちの町で映画祭をします。太田監督の作品も上映します。ぜひ、来てください」

 映画祭の主催者ではなく、一般の観客からのコメントだ。好意的であり、応援してくれている人だ。が、真面目に考えると奇妙なところがある。通常、主催者からは招待されることはある。その場合は、交通費と宿泊費が出る。ギャラは出ないことが多い。食事代も出ないのが普通。結構、キツい。でも、自分の映画が上映され、多くの人が見に来てくれる。監督が行くことで観客が喜んでくれればいいと思い、お邪魔する。

 が、先のコメントの場合はどう捉えればいいのか? 

 交通費、宿泊費は自腹だろう。主催者も呼んでいない。それで映画祭に行って何をすればいいのか? トークショーがある訳でもなし。入場料も払わなければならないだろう。そこで自分の映画を観て。どーすればいい? たぶん、コメントをくれた方は舞台挨拶とか、トークショーをすることを期待している。映画の話を一緒にすることを楽しみにしているのだろう。

 それなら、僕ではなく、主催者に進言するべきことだ。そして映画祭のプログラムにイベントを組み入れて、観客との対話する時間やトークを企画する。それでこそ、観客と接する場がもてる。僕が個人で参加しても意味がない。以前、そんなコメントをする人に直接訊いたことがある。なぜ、来てほしいとコメントをしたのか?

 「ブログを読んでいると、監督はいい人だし、優しいし、お願いすればきっと来てくれると思えたんです。ブログの記事も面白いし、映画の裏話とか、観客が聞けば喜ぶと思ったんです」

 気持ちはとってもよく分かる。ありがたいことだ。でも、それを僕にいっても実現しない。例え自腹でその映画祭に伺っても、その人の思う展開にはならない。その前に僕が映画祭主催者に連絡して「時間とってほしい。トークイベントをしたい」と告げなければならない。が、たいていの場合。スケジュールはすでに出来ていて、急に言われても変更できない。結局、個人で行ってもあまり意味がない。交通費も宿泊費もなしで。理由は「いい人だから、来てくれると思った」ーーこれは違うと思う。

 同じようにFacebookのコメントやメッセンジャーで相談や意見を求めてくる方もいる。それに応える余裕がない。本業の催促が来ている状態で、お返事したり、相談に乗ったりすることはできない。

 なのに、返事をしないと「裏切られた!」

「優しい人だと思っていたのに!」とあちこちで悪口を書いて回る人がいた。これも勝手に期待しておいて、こちらは多忙で対応できないと、「無視された」「スルーされた」と怒り、批判してくるのである。ただ、その種の人は特に問題を抱えた人というのではなく、ごく一般な人が多い。そう思っていてあるtweetを見た。

 「若手女優の***。ファンで応援していた。この間、ある店で見かけたので手を振ったが無視された。お高くとまっていて幻滅。もう、応援しない!」

 なるほど。これと同じ構図なんだ。女優の***さん。とても好感触で、会えば凄く愛想よく応えてくれそうなイメージがある。芸能人ということを自慢する感じがない。が、だからといって、会ったこともない人に手を振られて、それもプライベートな時間に、笑顔で手を振り返す必要はないのだ。でも、コメントした人は、絶対に笑顔で手を振ってくれると期待した。だから「裏切られた」と思ったのだ。

 勝手にイメージして、それが崩れたから「幻滅」されたのでは溜まらない。もちろん、それでも手を振ってくれる芸能人もいるだろう。でも、それは本人次第。同じように僕も「スピーチのために、ノーギャラで来てくれるだろう」と思われていたのだろう。だが、それは寿司屋の大将に「うちの街まで来て、寿司をタダで握ってください」というのに等しい。「だって、あの大将。いい人だもん!」では理由にならない。

 だが、そこで「交通費なしではいけない」と答えると

「結局、金かよ!失望したよ」と言われたこともある。しかし、交通費も払わずに来てほしいというのなら「金も払わずに、タダ働きさせるのか?」と言われてもおかしくない。けど、そんな発想はまず出て来ない。有名ミュージシャンがボランティアで被災地コンサートをするのと同じ発想でいる。映画監督業がどれだけ貧しいか? 分からないというのも誤解を生む背景のひとつだが...。ある街で映画を撮ったときも

「監督は映画撮れたんだから、ギャラもらわなくてもいいよね」

という地元の方がいて驚かされた。街に公園を作った土建屋さんに「公園作れたんだから、工事費いらないよね?」とは言わないだろう。それも映画=趣味の延長という発想なのだろう。好きでやってるんだからいいよね? でも、映画作りに1年近く専念して、そのあとどうやって生活して行くのか? それを想像せず、「好きなことをやっている」=「お金なくてもやるはず」と思われることが多い。

 いろいろ考えて行くと、映画&芸能関係に対する誤解。経済的に恵まれた人という錯覚。「いい人だから分かってくれる」という思い込み。そんなことがいくつも重なって、まったく悪意のない人たちが無理なリクエストや頼み事をしてくるのだろう。だが、ストレートに説明すると、ほとんどが「失望した」「裏切られた」という。それを少しでも傷付けないようにどう説明すればいいか? でも、それを説明するだけでも時間を取られる。

 そんな訳でFacebookやブログへのコメントひとつひとつにはお答えできないといつも書く。本業だけでも、時間が足りず、いつも返事が遅れて迷惑をかけるのに、その種の対応にまで手が回らないのが一番の理由だが、なかなかむずかしい。友人は「有名税」というが、僕は有名ではない。だったら、何の税だ? と思える。

もうさ



やる事が盛り沢山なんです。
追い込みどころのレベルではないのに、盛り沢山…
心乱さず、目に前の物から片付けるしかないのです。

今日寒い。
寒波もそろそろ終わりにしてくれないと。

もはや、、、、



スマホもタブレットもSDカードが32Gじゃ容量が無理。
全部を64Gへ交換する作業を始めましたが、辛くて遠い道のりです…

写真は関係ないパンの物。

LEGO BIG MORL 心臓の居場所



LEGO BIG MORL 3月29日発売『心臓の居場所』より
Music Video
『あなたがいればいいのに』
https://youtu.be/wZLSRmk8jtc

LEGO BIG MORLの新曲が素晴らし過ぎて嬉しい…
たくさんの人へ届いて欲しい。

雪割り桜



買えちゃうっていう(笑)
桜って上手く挿し木したら成長すんじゃないか?

誰か育ててくれないだろうか。
けど島根じゃ咲かないだろうな…

雪割り桜
春を待たずに
オレ達は咲いた花

俗っぽい



完売、発売中止と聞いて、ついうっかり。
オレお菓子というかスナック?食べないんですよ。
ポテチとかまず食べない。

何が凄いって季節外れで松茸フレーバーを発売する事だな。

宿題



課題がたくさん。
この数年、とにかく勉強してるけど楽しい。

大人になってからの勉強は自分が求めて行う事なので充実してる。

寒い


松江は今日も雪。
四国辺りじゃ桜が咲いているというのに…

高知県に行きポジティブになれたという記事。
https://sololife.jp/article/1365

みかん水



昨年10月に惜しまれつつ生産終了となった、みかん水。
オレは元々みかん水の瓶を集めていたので、昨年はみかん水を買いまくった。

偶然、ホント偶然にみかん水の社長に出逢う。
知らずに話してたら実はその人が社長だった。

オレがどれだけみかん水が好きか、去年も悲しみにくれてどれだけみかん水を買ったかなど想いを伝える。

そしたら「自分で飲もうと取ってたけどあげるよ」。
そう言って最後のみかん水をオレにくれた!

ずっとずっと大事にしようと思う。
こんな事ってあんだな。

お悔やみ


かまやつさんが亡くなってしまった。
夜に訃報を聞くも情報が出ない。
明けて午前4時、スポーツ新聞1社のみが掲載との事でテレビ朝日で報道。
そのあとニッポン放送。
朝になるにつれリアリティーが増してきた。

生きてると多くの別れに遭遇する。
避けられないし一生慣れる事はない。

スマートで柔らかな物腰のムッシュはとにかく格好よかった。
加藤和彦さん、かまやつさんと日本の音楽の礎を築いた方々。

体調不良で仕事休まれてから復帰なさってたので安心していたとこに届いた訃報。
勝手にムッシュはいつまでも元気で現役だと思っていた。

頻繁につぶやかれていたTwitterの更新も数年前から途絶えていた。
ワイン飲んで、肉を食べてとにかくパワフルなかまやつさん。

10代の子とバンド組んだり、ワゴンでツアーにも出たりと、そんな事誰が出来るのだろう。

かまやつさんがいない世界なんて想像出来ない。
センパイ、安らかにお眠りください。
プロフィール

玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣

Author:玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣
-
-
PC用ホームページ
携帯用ホームページ


「玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣」

■お客様が快適に過ごせますよう御願い

※ゆっくりとお食事していただくために、18歳未満のお子様連れ入店をお断りしております

※全ての撮影、WEBへのアップ一切をお断りしております

※当店は蕎麦店につき、食事目的でない方は入館料1000円を頂戴しております

※当店はメディア取材は受けておりません

●●●●●●●●●●

創業昭和40年、今年で51周年を迎えました。  
昔ながらの出雲そば「古式出雲そば」と、しじみ料理専門店です。

店内には、おもちゃ、骨董、古民具、書画、焼き物、ギター、和ガラス、アンティークカメラ等のコレクションを数万点常時展示、お食事の方はゆっくりご覧頂けます。

THE ALFEE 坂崎幸之助さんから暖簾を寄贈して頂いた唯一の店。
坂崎さん提供による「坂崎幸之助アンティークカメラコレクション展」公開中。
当店は全国各地のミュージアムにて開催している「THE ALFEE 坂崎幸之助コレクション展」の企画制作を担当しています。

■現在開催中
【怒髪天 増子直純さんソフビコレクション展】
【開運!!なんでも鑑定団 北原照久さんコレクション】

■2017年3月1日~6月4日
THE ALFEE 坂崎幸之助コレクション
「和ガラスに抱かれて」
~日用雑器としてのガラスのはじまり~
○福井市愛宕坂茶道美術館
○福井市橘曙覧記念文学館

宍道湖を見渡せるお座敷で、本物の出雲そばと、しじみ料理をご賞味ください。

営業時間 12時~売り切れまで
松江市宍道町宍道729
もしもし0852-66-0961

お問い合わせ

dmjshingu@gmail.com



ホームページへ戻る

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク