■玉作湯神社

玉作湯神社

玉作湯神社と玉造温泉
一.玉作湯神社(内務大臣指定史蹟保存地)
櫛明玉神 八坂瓊勾玉並宝玉御製作の祖神
大名持神 当地温泉発見・温泉守護
少毘古那神  温泉療法・薬・秘呪の祖神
五十猛神 同社座・韓国伊太氏社
玉作湯神社は、玉造温泉・玉造川東岸の小高い林の中に鎮座まします式内の古社であります。
「貞観13年11月神階従四位下を授く」と三代実録に見え、現今はこの地の氏神で旧県社であります。
櫛明玉命は天明玉・豊玉・羽明玉・玉祖神などの異称をおもちになっていて、天岩戸の前で神々のお計らいで神楽を奏せられた時、真榊の枝に懸けられた八坂瓊之五百固統玉はこの神の御製作であったことは、古語拾遺に明記せられ、玉作部の遠祖と仰がれ、この地方に居住し、この地の原石を採って宝玉の製作をお司どりになったと伝え、日本書紀に「素盞鳴尊が天に昇りまさんとする時、羽明玉神(古語拾遺には櫛明玉命とあり)は道に出迎えて、■八坂瓊の勾玉を進め、素盞鳴尊は之を天照大御神に献上になった」ことが記され、社伝には三種神器の八坂瓊の勾玉は命が御製作になったものと伝えています。
天孫降臨の際、櫛明玉命は随従の五部の神の御一人として、玉作りの工人を率いて日向に御降りになり、命の子孫一族は所属の工人と共に、出雲玉造郷に留まって、造玉に従事し、其部の長たる櫛明玉命の薫督をお受けになったと云われ、古語拾遺に「櫛明玉命之後、■祈玉を作る。其の裔、今出雲国に在り、毎年調物として、其の玉を進む」と記され、又同書に「櫛明玉命は出雲国玉作祖也」と見えています。当神社の御祭神の命がこの地に於て、この地の原石を以て、宝玉を製作せられた上代の御遺物が所蔵され、又、今にこの地から発見せられ、本神社に奉納されている事は、玉造の地名と合致して、上代の盛業を偲び誠に尊敬にたえません。また大名持命・少彦名命の二神は共に国土経営、医療、医薬及び秘呪の術を創始になり遍く世人に施しその病苦を治癒になり、温泉療法・秘呪又は草根木皮を医薬として人命養護に御使用せらる等の御祖神として祀られています。
社宝
1.上代各種玉類  184点(重要文化財)
2.上代玉磨砥   162点(重要文化財)
3.上代ガラス製造ルツボ片と上代ガラス一括(重要文化財)
二.製玉の由来
当地、花仙山は、製玉の原石たる瑪瑙に富み、この玉造郷は櫛明玉命の起業地として、その御子孫代々この地に居住し、製玉事業を世襲し給うた。神武天皇御即位の時には命の御子孫、御祈玉を献上して践祚を賀し奉り、爾後舞歳玉を調物に添えて貢献し給うたことが記され、延喜式神祇臨時祭の条に「出雲国進むる所の御富み岐玉六十連、毎年十月以前。意宇郡(現在八束郡)■■の玉作氏をして造り備えしめ、使を差して進上」云々と見えており、当地は青・赤・白の瑪瑙、水晶等を産し、殊に青瑪瑙は玉造の特産で天下一品と称せられています。
玉の琢磨法は原石を石槌で打砕き、その良好の部分を選んで玉磨砥にて玉の形に磨き上げ、さらに硬質の玉砥にて光沢を出したものとされています。
又、鉱石を砕いて粉末とし、これをルツボにて溶解しガラスとして練って吹き出して造った硝子玉も玉造部で製作されたものと云われ「工芸志料玉の部」にも出雲国造の献ずる所の玉は真玉(瑪瑙玉)、国司の奉る玉は吹玉(硝子玉)なり、と記され、社宝として現存する上代ガラスの附着せるルツボ片、上代ガラス塊及びその原料の半ば溶解せるもの等からして、上代玉造に於いてもガラス製作が行われたことが明らかです。
三.玉造温泉
玉造温泉は少彦名命の御発見と伝えられ、国鉄玉造温泉駅から、玉造川に沿って上がること約2Km、玉造郷にあって玉造川の清流を挟み、要害山・花仙山の二山を負って多くの人家が相連なり渓間の一小区をなしています。
「出雲風土記」意宇郡の条に、忌部神戸、郡家の正西二十一里二百六十歩。国造神吉詞を奏しに朝廷に参向する時、御沐の忌玉作る、故に忌部という即ち川辺に出湯あり、出湯の在る所、海陸に亘り男女老少、或は道路に格■り、或は■州に郡集いて市を成し、■■■会。一濯すれば形容端正、再浴すれば万病ことごとく除く。古より今に至るまで験を得ざることなし、故に俗人神湯といえり」と記されております。
この忌部神戸の神湯は玉造温泉で維新以前神湯の温泉は、松江藩主松平公の御茶屋ありて入湯のため度々御来館あり現に神湯は地名として、又家号として存在し、区民の浴場等も現存し、天平5年出雲風土記撰修の時既に前記の如く繁昌していたから、この温泉の発見は余程古く、出雲国造が天皇に神吉詞奏上のため上京の途次、この温泉にて斎戒沐浴になられたと記され、その後温泉は洪水のためすたれていたものを佐々木義■(富士名判官)が夢告により川中に温泉を発見し、薬師堂を建立し、湯船を構え、上屋を造って、温泉を復興された折節月が東天に昇ったので、
「瑠璃光の心は真如の玉造り
 薬の湯には月も入りけり」
と即吟したと伝えられています。
天正年中、地震洪水のため流失し、慶長年中堀尾忠■之を再興し、松平氏に至って浴室の改造、御茶屋の建造があって、明治維新より今日に至った事は上述の通りです。
玉造温泉はラヂウムを含有する塩類泉で、温度高く、泉質透明で僅かに白色を帯び古くから神湯として特効が大きいと云われています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣

Author:玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣
-
-
PC用ホームページ
携帯用ホームページ


「玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣」

■お客様が快適に過ごせますよう御願い

※ゆっくりとお食事していただくために、18歳未満のお子様連れ入店をお断りしております

※全ての撮影、WEBへのアップ一切をお断りしております

※当店は蕎麦店につき、食事目的でない方は入館料1000円を頂戴しております

※当店はメディア取材は受けておりません

●●●●●●●●●●

創業昭和40年、今年で51周年を迎えました。  
昔ながらの出雲そば「古式出雲そば」と、しじみ料理専門店です。

店内には、おもちゃ、骨董、古民具、書画、焼き物、ギター、和ガラス、アンティークカメラ等のコレクションを数万点常時展示、お食事の方はゆっくりご覧頂けます。

THE ALFEE 坂崎幸之助さんから暖簾を寄贈して頂いた唯一の店。
坂崎さん提供による「坂崎幸之助アンティークカメラコレクション展」公開中。
当店は全国各地のミュージアムにて開催している「THE ALFEE 坂崎幸之助コレクション展」の企画制作を担当しています。

■現在開催中
【怒髪天 増子直純さんソフビコレクション展】
【開運!!なんでも鑑定団 北原照久さんコレクション】

■2017年3月1日~6月4日
THE ALFEE 坂崎幸之助コレクション
「和ガラスに抱かれて」
~日用雑器としてのガラスのはじまり~
○福井市愛宕坂茶道美術館
○福井市橘曙覧記念文学館

宍道湖を見渡せるお座敷で、本物の出雲そばと、しじみ料理をご賞味ください。

営業時間 12時~売り切れまで
松江市宍道町宍道729
もしもし0852-66-0961

お問い合わせ

dmjshingu@gmail.com



ホームページへ戻る

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク