綺麗な買い方



お友達の骨董屋さんとの会話。

最近とにかく物が売れないし、買い方が酷い、と。

物が売れないのは骨董愛好家が高齢でどんどん減ってきているからという理由が大きいと思う。

骨董屋さんでも、露店でも、値切る楽しみは確かにある。
お店も心得ていて、1,000円の商品をわざと1,200円にしておいて、
まけてと頼めば、じゃあ1,000円でいいよとやる。

値切りは大人のルール、常識内でのやり取り。
何度も値切っておいて買わないとか、バカみたいな値段を言うとか、相場がどうこう言うのは論外。

相場ってのは、あるにはあるけれども、値段は仕入れ値によって左右される。
安くいれた物を安く出す業者もあれば、安くいれても相場の値付けをし利益を得る業者も。

骨董を扱うのはセンス。
仕入れと売り。
あとは人柄。

綺麗な買い方を心掛けてると、きちんと物が自分の元へやってくる。
これは絶対大事。

オレが古物商の資格を持たない理由もそれ。
欲しい物は適正価格で買うのがルール。
業者の市で業者価格で仕入れたものをコレクションにしていくのはどうかと思う。
オレはちょっと嫌だ。
だから一般として堂々と買う。
まずオレは自分のコレクションを一切売らないので。

ちゃんと綺麗に買ってたり、頻繁に買い物してれば、お店の方から安くしてくれる。

思うのは、威張ったり自慢しちゃダメってこと。
その道のプロに素人が偉そうにして好印象のわけがない。

確かに「○○を持ってる」というだけで自慢にとられるので、そこはいつも気を付ける。
けど威張っちゃダメよ、威張っちゃ。

分からない事は聞くようにしている。
知ったかぶりに何の得があろうか。
教えてもらえばラッキーですよ。

骨董を買うのは難しいし、まずお店に入りにくいと聞く。
全然そんなことなくて、パラダイスですよ。

挨拶。
まず挨拶が基本。

「ごめんくださーい、見せて頂けますかー」。
主人と目を合わせて、ニコリ。

んなもん当たり前だっつうんですよ。

あとは商品を触りたい時には「手に取っていいですか」と断る。

これも当たり前だっつうんですよ。

話し込んだり、ましてお茶まで頂いたら何か買う。
欲しくなくても義理買いをする。
オレはありがたい事に欲しい物だらけなので、義理というか必ず買うものがある。

1,000円程度の物でも、ありがとうって買えばいい。
気持ちとはそういうもんだと思う。

初めてのお店でも、店主から「キミが持っていてくれ」と物をもらったり、食事連れてってもらう事も少なくない。
オレがどうこうじゃなく、骨董が好きというのが伝わるからなんだと思う。
そりゃ父親に鍛えられて幼少の頃から骨董見てきてるのだから。

常連客のほとんどが亡くなったとか、2日連続でお客さんがゼロとか、後継者がいなくて自分で終わりとか色々話しを聞く。

ヨーロッパを始め、古い物を大事にする文化は世界中にあり、もちろん日本だってそう。
今は時代がいいのか悪いのか江戸期の焼き物だって僅かな値段で手に入る。
掛け軸なんて無料でどうぞと店頭に置いてあったりもする。

古い物は今にない魅力があるのと、当時の職人達の息吹が感じられる。
あと、やっぱ格好いいし可愛い。
経年の風合いだってイカすんだぜ!

オレは世間の価値をあまり重要視してなくて、自分が欲しい物だけを買う。
転売でも投資でも自慢でもないんだから。

よくお店の人が「え、そんなの買うんですか!」と驚くことがある。
オレは欲しいから買うんですよ。
50円の銀行貯金箱とか大騒ぎで買いますよ(笑)

本気で蒐集してると倹約家になる。
オレも自分の事にはお金使わないんです。
普通の方より質素です。
コンビニで147円のペットボトルなんて絶対買いません。
おまけが付いてると30万円ぐらいでも平気で買っちゃうのだけど。

坂崎さんや北原さんを見ていて、自分の蒐集を深く考えるようになりました。
そうすると、これがまた楽しい。
生活にハリが出るのですよ、以前に増して。

素晴らしき先輩に恵まれ、いい歩みが出来てるなと感謝ばかり。
蒐集に対する道は踏み外してないぞ、と(笑)

北原さんには遠く及ばないけど、オレも数とか値段とか気にならないです。
楽しんで物を集め大事にし、それを見て頂く。

骨董業界は冷え込んでいると言われるので、
オレはその魅力を少しでも伝承していければと思います。

おもちゃは人気衰えないけど、やっぱこれも楽しい。
シンゴジラが騒がれてるけど、こちとら筋金入りだっつうんですよ(笑)

盃なんて100円で買えます。
骨董屋の扉を開けてみませんか。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣

Author:玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣
-
-
PC用ホームページ
携帯用ホームページ


「玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣」

■お客様が快適に過ごせますよう御願い

※ゆっくりとお食事していただくために、18歳未満のお子様連れ入店をお断りしております

※全ての撮影、WEBへのアップ一切をお断りしております

※当店は蕎麦店につき、食事目的でない方は入館料1000円を頂戴しております

※当店はメディア取材は受けておりません

●●●●●●●●●●

創業昭和40年、今年で51周年を迎えました。  
昔ながらの出雲そば「古式出雲そば」と、しじみ料理専門店です。

店内には、おもちゃ、骨董、古民具、書画、焼き物、ギター、和ガラス、アンティークカメラ等のコレクションを数万点常時展示、お食事の方はゆっくりご覧頂けます。

THE ALFEE 坂崎幸之助さんから暖簾を寄贈して頂いた唯一の店。
坂崎さん提供による「坂崎幸之助アンティークカメラコレクション展」公開中。
当店は全国各地のミュージアムにて開催している「THE ALFEE 坂崎幸之助コレクション展」の企画制作を担当しています。

■現在開催中
【怒髪天 増子直純さんソフビコレクション展】
【開運!!なんでも鑑定団 北原照久さんコレクション】

■2017年3月1日~6月4日
THE ALFEE 坂崎幸之助コレクション
「和ガラスに抱かれて」
~日用雑器としてのガラスのはじまり~
○福井市愛宕坂茶道美術館
○福井市橘曙覧記念文学館

宍道湖を見渡せるお座敷で、本物の出雲そばと、しじみ料理をご賞味ください。

営業時間 12時~売り切れまで
松江市宍道町宍道729
もしもし0852-66-0961

お問い合わせ

dmjshingu@gmail.com



ホームページへ戻る

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク