予定やら



最近は硬派な美術展でも、トレーディングカードや趣向の違うイベントが組まれたりして話題性と集客に一役買ったりしている。
ヒットする企画展を作り出す美術館の展開は近年この方向性。

巡回を例えば6会場に決め、制作費を各自が出すので色々と仕込める。
パッケージを買い取るわけではなく、自分達で企画展を作れる。
こういう民間的な動きに県立クラスのミュージアムが取り組み、ヒットを生んでいる。

ヒットの法則が分かると、さらにブラッシュアップして仕込んでいける。

美術品は素晴らしいから美術品。
大事なのは、それをいかに素晴らしいと伝える事が出来るか。
そして、まずはたくさんの人に観てもらう事。

何億円もするピカソの原画だって、何のインフォメーションも演出なければ「これが30億円かよ、すげーな」だけで通りすぎてしまう。

音楽も、飲食店も同じ。
「本当に美味しいものを提供していれば、お客さんはいつか分かってくれる」「いい音楽さえ作っていれば…」とか、そんなの違うよって。
いかに多くの人に食べて聴いてもらえるか、そして良いと感じてもらう手段が必要。

美味しい料理、魂をかけた歌とかは当たり前。
だから出店もデビューもしてるわけで。

「いい音楽」にも「美味しい」定義はなく、それは主観。
どうやってリスナーの壁を壊し中に入っていけるか、そこがプロモーション。
メガヒットしているアーティストもデビュー時は無名。

突き詰めると物事の真理は大概共通しているもの。
だから何を見てもヒントになる。

今年は去年の5倍忙しくなる。
そう近親者には発言してるんだけど、想定外の事も加わり頭の上にはクジャクが…

今も九州の音楽イベント制作の依頼が鬼のように(笑)
ただ、大好きな人なので絡みたいんだけど、いかんせん今年は隙間がない。
イベント規模も大きいし単発ではなく、シリーズ化希望。
でもきっとやっちゃうんだろうなと。
やはりオレ音楽の現場にいないとダメなんで。

今月はNYに行く予定だったんだけど、これどうしても厳しく全てキャンセルに。
NYでは多数仕事があったので、タイトながらも行かねばならなかったのだが仕方ない。
会いたい仲間もたくさんいたんだけど。

今年はお知らせが多数届くはずです。
今は水面下で鬼のように動いています。
何といってもやってる自分自身が一番楽しいです。
楽しくやれてるのって、ありがたいですよね。
感謝です、感謝。

玩具博物館併設 出雲そば日本一大名陣に来てもらうお客さんの笑顔を想像するのが一番テンションあがる事。
だから、ああしてこうしてと次々にアイディアが湧いてくる。
綺麗事じゃなく本当にそう。
原動力ってそこしかないです。

さりげに大事な事を書きますが、玩具博物館併設 出雲そば日本一大名陣は2ヶ月程度、まとめてお休みさせて頂くかもしれません。
決まればインフォメーション致します。
今年は自分にとって大事な年なので、10年計画としてプロジェクトは進んでいました。
さりげに大事な事を書きますが、露出も増えるかもしれません。
スマイルカーも新調しないとだな。

何故、朝の5時に更新しているか。
ええ、仕事が終わらないんですよ(笑)。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣

Author:玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣
-
-
PC用ホームページ
携帯用ホームページ


「玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣」

■お客様が快適に過ごせますよう御願い

※ゆっくりとお食事していただくために、18歳未満のお子様連れ入店をお断りしております

※全ての撮影、WEBへのアップ一切をお断りしております

※当店は蕎麦店につき、食事目的でない方は入館料1000円を頂戴しております

※当店はメディア取材は受けておりません

●●●●●●●●●●

創業昭和40年、今年で51周年を迎えました。  
昔ながらの出雲そば「古式出雲そば」と、しじみ料理専門店です。

店内には、おもちゃ、骨董、古民具、書画、焼き物、ギター、和ガラス、アンティークカメラ等のコレクションを数万点常時展示、お食事の方はゆっくりご覧頂けます。

THE ALFEE 坂崎幸之助さんから暖簾を寄贈して頂いた唯一の店。
坂崎さん提供による「坂崎幸之助アンティークカメラコレクション展」公開中。
当店は全国各地のミュージアムにて開催している「THE ALFEE 坂崎幸之助コレクション展」の企画制作を担当しています。

■現在開催中
【怒髪天 増子直純さんソフビコレクション展】
【開運!!なんでも鑑定団 北原照久さんコレクション】

■2017年3月1日~6月4日
THE ALFEE 坂崎幸之助コレクション
「和ガラスに抱かれて」
~日用雑器としてのガラスのはじまり~
○福井市愛宕坂茶道美術館
○福井市橘曙覧記念文学館

宍道湖を見渡せるお座敷で、本物の出雲そばと、しじみ料理をご賞味ください。

営業時間 12時~売り切れまで
松江市宍道町宍道729
もしもし0852-66-0961

お問い合わせ

dmjshingu@gmail.com



ホームページへ戻る

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク