教えられない店



「ネットに載せないで」という店がある。
ネットに載ると質の悪い客が増えるのが理由。

オレがたまにお邪魔するアンティークショップもそう。
営業は週に3回、とにかく上質で安い。
あげく毎回珈琲淹れてくれたりお菓子が出たり。

良いものを手に入れるには良い客になること。
「あの人に売りたい」と思われること。

そのためには綺麗な買い方が必要となる。

「売ってやってる」「買ってやってる」
ではなく
「買って頂いた」「買わせて頂いた」
と双方が思う事ではないかと。

骨董買うのは値引き交渉も楽しみのひとつ。
ただ、そこにはルールがある。

値引きNGの店があり、そこで値引きなど言おうものならどうなることか。
相場よりあまりに安い店での値引きや、あまりに安い物は値切らないでよって思う。

30万円の物をいきなり「10万円で買ってやる」と上から目線で来るヤツが少なくないらしい。
どうなってんだか…

入れ値ありきの売値は分かるけど、誠実ではない店も逆にあるわけで。
オレが行く店は「安く仕入れたから安く売るよ」ってとこが多い。
ところが法外な値段をつける骨董屋さんは今でもいる(年配経営者に多い)。

骨董にもある程度、流動的な相場がある。
それは沢山のお店を覗いてると分かる。
今だと焼き物、掛け軸なんかはタダみたいな値段。

従順過ぎればカモられるし難しい。
そんなお父さんが嬉しそうに蒐集品を見せ、自慢げに買値を話してくれる。
骨董屋がわざわざ自分ちまで掘り出し物を持ってきてくれるのだと話す。
もう大概やられてる。
質の悪い業者は騙しやすい人間を狙う。

骨董屋という商売には正解がないので難しい。

骨董屋さんで良くない行為は、知ったかぶりや自慢。
聞けばいいのにと思う、相手は専門家なんだから。
オレは骨董屋さんで色々質問をする。
それでこそ学びになる。

骨董屋さんは基本的に1点物の取り扱いなので、良店であるほど、教える事が阻まれる。
良い店は内緒にしておきたい。

初めて行く店や、値札がついてない店は俄然やる気になる。
礼儀と、挨拶、そしてコミュニケーションが大事。

コンビニは声を発さず買い物が出来る。
人間関係が希薄となっている昨今、コミュニケーションのある買い物は楽しい。
馴染みの喫茶店へ行く感覚にも似てる。

玩具博物館併設 出雲そば日本一大名陣は、撮影、ネット掲載をお断りしている。
足を運んだ人がのんびり楽しんでくれればいい。
そのために18歳未満のお子さま連れの入店もお断りにしてある。
ガイドラインを設け、過ごしやすい空間を作る事もお客さんへのサービスだと思う。

初めに書いた、ネット掲載不可のアンティークショップは居心地がいい。
お客さん優先のお店は心地いい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣

Author:玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣
-
-
PC用ホームページ
携帯用ホームページ


「玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣」

■お客様が快適に過ごせますよう御願い

※ゆっくりとお食事していただくために、18歳未満のお子様連れ入店をお断りしております

※全ての撮影、WEBへのアップ一切をお断りしております

※当店は蕎麦店につき、食事目的でない方は入館料1000円を頂戴しております

※当店はメディア取材は受けておりません

●●●●●●●●●●

創業昭和40年、今年で51周年を迎えました。  
昔ながらの出雲そば「古式出雲そば」と、しじみ料理専門店です。

店内には、おもちゃ、骨董、古民具、書画、焼き物、ギター、和ガラス、アンティークカメラ等のコレクションを数万点常時展示、お食事の方はゆっくりご覧頂けます。

THE ALFEE 坂崎幸之助さんから暖簾を寄贈して頂いた唯一の店。
坂崎さん提供による「坂崎幸之助アンティークカメラコレクション展」公開中。
当店は全国各地のミュージアムにて開催している「THE ALFEE 坂崎幸之助コレクション展」の企画制作を担当しています。

■現在開催中
【怒髪天 増子直純さんソフビコレクション展】
【開運!!なんでも鑑定団 北原照久さんコレクション】

■2017年3月1日~6月4日
THE ALFEE 坂崎幸之助コレクション
「和ガラスに抱かれて」
~日用雑器としてのガラスのはじまり~
○福井市愛宕坂茶道美術館
○福井市橘曙覧記念文学館

宍道湖を見渡せるお座敷で、本物の出雲そばと、しじみ料理をご賞味ください。

営業時間 12時~売り切れまで
松江市宍道町宍道729
もしもし0852-66-0961

お問い合わせ

dmjshingu@gmail.com



ホームページへ戻る

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク