衝撃…


子供の頃からの蒐集家であり、今でもそれは変わらず。

18歳の時に出会った衝撃的なアイテム。
値段はとても手が出せない金額。
住んでたマンション家賃の3倍。

心にずっとずっとコイツだけが残る。

次に見付けたのは20年ほど前。
やはり高額だし、古いものなので状態はどんどん悪くなる。

その時期は既にコレクターとしてかなり活発になっていた。
無理すれば買えないこともなかったんだけど、なんだか買う決め手に掛ける。
ブログに「アイツはオレの夢なんや!」と書き込むと、譲ってくれる話もその都度チラホラ。

オークションで品物を絶対に買わないのだけど、コイツに関しては揺れた。

心に決める。
「これだけは買わずに、自分への課題として残そう」。

初めての出会いから何年が経過したであろうか。

たまたまネットでショップの店内が紹介されている写真にそいつがいた。
買おうと思えば、モノ自体は自分のルートで手にいれる事が出来るアイテムだが、無性に惹かれる。

自分の直感でそこへ出向くことに。
画像を見てしばらくが経過していた。

あった。

状態がいいなと思う程度だったんだ、初めは。
他を物色したりオーナーと話しこんだり。

色々と手にいれてホクホク。

がしかし帰宅の段階で脳裏にアイツがよぎる。
初めて出会ったときから数はたくさん見てきたけど、コイツは自分の部屋に飾られてる風景が見える。

物に呼ばれる時がある。
物が話しかけてくる。

「ボクはキミが来るのをずっとずっと待ってたんだ」と。

莫大な量の商品がある店内。
そいつだけが特別だった。

会計を一旦止めて「これ追加してもらえますか」。
そう言葉を口をついて出ていた。

結果、いま手元にこいつがいる。
不思議と後悔も妙な達成感もない。
全てが自然と云えばわかりやすいだろうか。

自分が心の糧としていた物を手にいれてしまった。
ゴールを迎えた喪失感はなかった。
欲しいものや夢は無限大にある。

ある種、パスポートというかコレクターとして認定証をもらった感じ?
今まで見たどれよりも断トツで素晴らしく、積年の想いが手繰り寄せた出会いだった。

初めて見た18歳の時から1日たりと忘れずに夢見ていた。
コレクションに対する夢や希望を持ち続けて来たからこその出会い。

今年は新規展開、大きな活動を計画していた年。
出会うべくして出会えた巡り合わせ。
コイツを夢のシンボルにこれまでたくさんの品物を手に入れてきた。
頭のなか、走馬灯が駆けめぐる。

諦めない夢は終わらない。

18歳の時、大阪アメリカ村のショップで初めて出会ったコイツ。
何度も何度も店に通いつめ、溜め息をついたコイツ。

コイツ、コレクターである自分の象徴といえる存在かもしれない。
18歳の自分と今が結び付く。
あの頃の情熱という炎は、今なお大きくなり続け燃えている。
その灯火は一度たりとも消えたことはない。

諦めなかったご褒美なのだろうか。
とうとうコイツがオレの元にやってきた。

お店にはしばらく並ばないけど、いつかドラマと共に公開すると思う。
コイツはオレの指針だから。

かずくん、サンキュー!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣

Author:玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣
-
-
PC用ホームページ
携帯用ホームページ


「玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣」

■お客様が快適に過ごせますよう御願い

※ゆっくりとお食事していただくために、18歳未満のお子様連れ入店をお断りしております

※全ての撮影、WEBへのアップ一切をお断りしております

※当店は蕎麦店につき、食事目的でない方は入館料1000円を頂戴しております

※当店はメディア取材は受けておりません

●●●●●●●●●●

創業昭和40年、今年で51周年を迎えました。  
昔ながらの出雲そば「古式出雲そば」と、しじみ料理専門店です。

店内には、おもちゃ、骨董、古民具、書画、焼き物、ギター、和ガラス、アンティークカメラ等のコレクションを数万点常時展示、お食事の方はゆっくりご覧頂けます。

THE ALFEE 坂崎幸之助さんから暖簾を寄贈して頂いた唯一の店。
坂崎さん提供による「坂崎幸之助アンティークカメラコレクション展」公開中。
当店は全国各地のミュージアムにて開催している「THE ALFEE 坂崎幸之助コレクション展」の企画制作を担当しています。

■現在開催中
【怒髪天 増子直純さんソフビコレクション展】
【開運!!なんでも鑑定団 北原照久さんコレクション】

■2017年3月1日~6月4日
THE ALFEE 坂崎幸之助コレクション
「和ガラスに抱かれて」
~日用雑器としてのガラスのはじまり~
○福井市愛宕坂茶道美術館
○福井市橘曙覧記念文学館

宍道湖を見渡せるお座敷で、本物の出雲そばと、しじみ料理をご賞味ください。

営業時間 12時~売り切れまで
松江市宍道町宍道729
もしもし0852-66-0961

お問い合わせ

dmjshingu@gmail.com



ホームページへ戻る

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク