セイノワ



「キミのために死ねる」とか誰も喜びやしない
愛のために生きてやれ、共に生きて明日へ

(セイノワ:詞 増子直純)

セイノワを初めて聞いたとき、増子さんにタイトルの意味を3つメールした。
この曲、タイトルに関して増子さんはインタビュー等で答えないという方針となった。
そこもやはり増子さんだなと感心した。

セイノワをメジャーリリースする事、あげくシングル切った事、これはエポックな出来事。
結果として何とか問題にならず切り抜け、今もライブで演奏されている。

政治の話はタブー視される風潮の日本ではあるが、そうも言っていられない。
プロテスタントソングなんて名称は滑稽だし、個人的に響かない。
「共に生きて明日へ」と叫ばれる方が、うんとリアルだ。

ライブでセイノワのイントロが始まると増子さんは「歌おうぜ」と叫ぶ。
なんだかそこにもグッと来る。

怒髪天の歌は増子さんが想いを届ける歌であるのは間違いないのだけど、怒髪天の歌を届けられた自分自身が歌うことにより自分への応援歌になる。

魂に響く歌。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣

Author:玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣
-
-
PC用ホームページ
携帯用ホームページ


「玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣」

■お客様が快適に過ごせますよう御願い

※ゆっくりとお食事していただくために、18歳未満のお子様連れ入店をお断りしております

※全ての撮影、WEBへのアップ一切をお断りしております

※当店は蕎麦店につき、食事目的でない方は入館料1000円を頂戴しております

※当店はメディア取材は受けておりません

●●●●●●●●●●

創業昭和40年、今年で51周年を迎えました。  
昔ながらの出雲そば「古式出雲そば」と、しじみ料理専門店です。

店内には、おもちゃ、骨董、古民具、書画、焼き物、ギター、和ガラス、アンティークカメラ等のコレクションを数万点常時展示、お食事の方はゆっくりご覧頂けます。

THE ALFEE 坂崎幸之助さんから暖簾を寄贈して頂いた唯一の店。
坂崎さん提供による「坂崎幸之助アンティークカメラコレクション展」公開中。
当店は全国各地のミュージアムにて開催している「THE ALFEE 坂崎幸之助コレクション展」の企画制作を担当しています。

■現在開催中
【怒髪天 増子直純さんソフビコレクション展】
【開運!!なんでも鑑定団 北原照久さんコレクション】

■2017年3月1日~6月4日
THE ALFEE 坂崎幸之助コレクション
「和ガラスに抱かれて」
~日用雑器としてのガラスのはじまり~
○福井市愛宕坂茶道美術館
○福井市橘曙覧記念文学館

宍道湖を見渡せるお座敷で、本物の出雲そばと、しじみ料理をご賞味ください。

営業時間 12時~売り切れまで
松江市宍道町宍道729
もしもし0852-66-0961

お問い合わせ

dmjshingu@gmail.com



ホームページへ戻る

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク