微妙な…



十数年振りに再会した友人。
開口一番に「全然変わんないすねー」と。

嬉しくもあり、微妙でもあり…

こういう事よくあんだけど、言いながら笑われてっからね(怒)

これ


ROLLYさん絶賛なんだけど、かなり狂った商品。
オレも病み付きなんだけど、もう購入箇所は限定されちゃってんだよな…

オリジナル



これ、オレモデル。
実はサングラス、何本もあるんです。
このスワロフスキータイプ、自分が貼り付けたわけでもないのですよ。

視力が激しく悪く、検査表の一番うえの穴開きすら判別できません。
コンタクトは目にどうしても合わないので諦めました。
営業中は裸眼なので実は何も見えてません。

度入りのサングラス、思い起こせば18歳から使用してます。
最近気づいちゃったんですが、常時サングラスかけてる人いないでしょ?

サングラスは昭和、高度経済成長期のブームなんですよ、絶対。
オレが10代の頃はまだサングラスの業界人とか居たもんなぁ。

お店に入り食事する時などはサングラスはずします。
別に見えなくても問題ないので。
自宅やホテルでも外します。

ですが基本、サングラス着用。
数年前から、元々愛用していた大きいタイプに戻しました。
この写真系のヤツです。

一時期、ギャル系とか浜崎あゆみで流行ったんです、大きいの。
それで辞めたんだった、ギャル男みたいで。

けどこれはグラムロックに欠かせないアイテム。
最近は原点に立ち戻り、大きなのに戻しましたが安定の安心感。
加えて6年前から常時マスクを着用。

オレなんて特長も存在感もないので、自分で作るしかないのですよ。
あとキャラは1度形成すると続けないといけない。

桜井さんの髭とサングラス。
増子さんのリーゼント。
美輪さんの黄色い髪。

喰始さんはキャップ、ジャケット、短パン、サンダルを徹底してます。
これもやはり意識的に自分を作ったんだそうです。

キャラといえば代表は高見沢さん。
坂崎さんいわく「アイツはもう後戻り出来ない(笑)」と。

デーモンさんが数年前に「もうずっとこれ(悪魔キャラ)で通してんだから誰か褒めてくれよ」とポロリ。
もう本当に本音だと思うわけですよ。
ローリーさんも変貌しつつ、いつも新しいROLLYを形成してる。

ちゃんとそういう自分ルール守ってる人に憧れます。
貫くのは何に於ても難しい事だから。

ケーブル


凄く当たり前の事に改めて気付かされました。
USBケーブルです。
精度によって充電やデータ転送の時間が全然違います。
100円のとか、てんでダメ。

例えばモバイルの充電器。
販売されてる現時点での最高レベルのアンペアなヤツを使用しています。
ですが急に充電が遅くなったり、充電ができてなかったりするんです。

巻き取りタイプのケーブルは楽です。
コード周りがスッキリします。
ですがオレ的な統計によると、コイツが一番弱い。
線も細いし曲げるし衝撃受けるし長い。

面倒なんですが良いケーブルに変えました。
長さはマジックテープで個別に調整。

効果テキメン!

3.1Aの充電器を使用していますが、あっという間です。
確かにギターも音の良し悪しはまずシールドですよ。

とはいえ、そこまでUSBで差があると思わなかったので、いやはやビックリ。

自宅、携帯、車内と多数の充電口があります。
車内だけでも10口。

なんでやねんと突っ込まれそうですが、使用のモバイル端末が15台以上。
しかも全てちゃんと使っているという…

オレが急死したら、その死因はきっと電磁波です。

今、20WのBluetoothスピーカーを2台使用しています。
もちろん左右に振ってステレオ仕様でも使えます。

コイツが凄まじくいいのです。
合計10台まで連動出来る機種なので、10台に増えないよう気を付けているぐらいです。
これ数台あれば結構大きめの会場でもイベント可能レベル。
(電波なので完全にBluetooth頼りは怖いですけど)
2時間充電で12時間使え、生活防水とかなんでやねん!という高性能機種。
何よりも音質がいい。

ホテルの部屋へ遊びに来た友人は、オレのモバイルシステムに絶句します。
そして必ず「FXですか!」と尋ねます(笑)
逆に株やったろうかなっつうぐらいです。
少しWi-Fiが弱いホテルだとオレのシステムを全て立ち上げることが出来ません。

何故にそこまで持ち歩くのか?
コレクターなので物に囲まれてるのが楽しいんですよね、多分。
結果、機器だけで異常に重いという本末転倒加減。
最近は意識してパソコンを併用して持ち歩くようにしたんですが、もはやパソコンをあまり使用しないので逆に重くなっただけという…

最近持ち歩くのはタブレット7台、スマホ3台、スピーカー2台、ノートパソコン。
バリバリのビジネスマンを通り越して、仕事が出来ない人みたくなってます…

締めですが、100円ショップでケーブルを買うとすれば太くて短いヤツ。
それだと、まだまともだと思います。
ギターのシールドも同じですが、基本的にこういった類いは消耗品。
高価なケーブルも寿命がやってきます。

先日導入した新機種端末があまりにいいので、もう数台欲しい、、、、、、

いかん、これだから増えてしまうんだよな(笑)

おはようスパンクガム



当時品がそのまま見付かり、全種類が揃ってスーフェスで販売された。

欲しい。
こんなんめちゃくちゃ欲しい。

中野のまんだらけには専門店があり、魅惑のワールドが拡がっている。

スパンクのアイテムは文具ぐらいしか残ってないので、コイツはレア。

無念…

マンホール



最近、ご当地マンホールって増えましたよね。

このアンパンマン知らなかったけど、こんなん欲しいわっ!
たまんないっつうの!

きっと、あの町だろうから小泉さんに言えば貰えんじゃねーかな…
って、小泉さんが誰だよっていう(笑)

マンホールは、カラーのヤツが好き。
可愛いの見掛けると、つい写真を撮る。

鈴木トオルさんが昔から地方のマンホールが好きで、ブログによく掲載されてて。
そういや、マツコの知らない世界で最近マンホールやってたでしょ?

奥が深いんだけど、蒐集出来ないからのめり込み難いアイテムではありますね、マンホール。

スーフェス



このヘドラ、西村さんとこのヤツ。
まず大きい!

無彩色で、この迫力…
スーフェスの限定販売。

大きさは正義!

けど驚く事にMさんは…Mさんは…。
ここには書けないですけど(笑)

ホビーは夢 、生きる活力。
いやしかし、このヘドラは素晴らしい!

成人式


連休なのな、世間は。
何ごとかと思えば成人式。

自分の成人式よく覚えてんだけど、新宿の日清パワーステーステーションでライブだった。
バラシ、積込みが終わり、打ち上げないっていうんで解散。

ミスドまで抜けて大通りに出ると、やけに着物の女性が多いわけ。
もう正月気分じゃあるまいし、花園神社の人気ってすげーのななんて思えば、あれ?若い子ばっかじゃん?

よくよく考えると、オレ成人式の該当年齢じゃん!

別にスーツも羽織袴もいらないけど、あまりにグランジで汚い格好…

一緒にいた子が見兼ねて安い居酒屋奢ってくれたのがオレの記憶。

知ってても式なんか出ないし、現場やれてて楽しかった。
そのアーティストは今でも現役で、今でも付き合いがある。

そのあとで入ってきた、やけに笑顔でモヒカンは今や大手芸能事務所の社長。

オレも正統派な出雲蕎麦を継承しつつ、活動の場は拡がり続けてるんだから、やはり何事も継続。
思いが一番大事。

あの頃の仲間、今じゃ偉くなってる連中が多い。
オレだけ相変わらずなんだけど、これもまたずっとそうなんだと思う。

やりたい事、夢を改めて聞かれても、取材用の答えを繰り出すぐらいしかないんだけど、あの頃と気持ちは変わってないんだから挫折はしてないのかな。

ひとつのコップを満タンにしていくのが人生なんだろうけど、オレは欲張りなので何十個ものコップを満タンにしようとしてるから時間がかかる。

素晴らしい仲間は宝。
素晴らしい先輩、師匠との出会いは宝。

まだまだ夢の途中、止まってる場合じゃないのですよ、馬車馬ですよ。

早く色々と情報解禁したい…
ううう、言いたい…

まずは屋敷豪太さん、小原礼さん、西慎嗣さんのライブをお楽しみに。

西岡さんの数の子食べたいな(笑)

無断転載


私のおじいちゃんは、人殺しです。

おじいちゃんとおばあちゃんの間に子供が出来て、六ヶ月。
その日、おじいちゃんは、いつものように田んぼにいました。
すると、役場の事務員が、自転車に乗って近付いてきました。
事務員さんは、
「いやあ、暑いのに精がでるない。ご苦労様です。」
と、おじいちゃんに話しかけました。

その後、
「今日は、あなたに渡さねばなんねものがあってここさ来ました。これも、私の仕事なもんですから。」
事務員さんはそう言って気まずそうにしましたが、すぐに腰のベルトにかけたカバンの中から、赤い紙を取り出しました。

昭和17年、7月4日付の赤紙、召集令状でした。

田んぼはこれからますます青く、そして黄金色になるはずでした。

おばあちゃんはとても美しい人で、二人には可愛い六ヶ月の子供がいました。

身を切り裂かれる思いだったと思います。

おじいちゃんは、第ニ師団会津若松歩兵第二十九連隊に、入隊しました。

人を殺す練習を3ヶ月ばかりかじり、11月にガダルカナル島に行かされました。

ガダルカナル島からブーゲンビリア、ラバウル、ソロモン諸島に行きました。

おじいちゃんは、私に言いました。

みんな死んだ。

機銃係りだったおじいちゃん。
機銃は、打ち方、込め方、狙い方と、三人で操作します。

おじいちゃんは言いました。

毎日な、変わんだ。昨日込め方やってだやつがな、今日は居ねんだ。打ち方やってだやつがな、居ねんだ。
毎日、変わんだ。
いや~、毎日、変わんだ。

向かい合わせの敵と撃ち合う時は、塹壕に身をかがめでよげるんだげども、上官が
「前に進め」
って命令してくんだ。
それに従って塹壕から出で行った兵隊はみんな弾に当たって死んじまった。
頭出すどよ、ヘルメットさ弾が当だるんだ。
日本軍のヘルメットは頑丈だったがら、ヘルメットさ当だれば弾はなかなか貫通はしねえ。ただ、おっかねえ。弾がヘルメットに当だると痛え、痛え。
おらぁ、上官の命令を聞がないで塹壕に身を伏せていだんだ。
狡いかもしんにげと、今日生ぎのびるためにはそれしかねがった。
おらぁ、運が良がった。
みんな、死んだ。

南太平洋を転々としていたおじいちゃんは、昭和18年4月に銃弾を足に受けて、野戦病院に収容されました。
おじいちゃんは、その時のことをはっきりと覚えています。

「自分の足からウジ虫が這い出てくるのがみえだ。マラリアさもかがった。生きた心地がしねがった。」

かろうじて一命をとりとめたおじいちゃんは、6月に台湾の高雄病院に移送され、さらに2ヶ月後の8月中旬に本国送還となり、会津若松の陸軍病院に入院しました。

その頃、日本ではおばあちゃんのお父さんが警察に連行されました。
なんとか隠しておいた米一俵が夜間検査で見つかってしまったのです。
厳しい厳しい取り調べは、三日間続きました。

会津若松病院をなんとか退院したおじいちゃんは、その後、本国の戦地を転々とします。
会津若松歩兵29連隊は、南方戦線で玉砕しました。

「B29は、胴体が銀色でピカピカに光ってだ。そこから魚みでえな形をした爆弾が頭がら突っ込むように落ちでいぐんだ。
迎え撃つ日本の飛行機はいねがった。」

玉音放送は、日本を転々とした後、たまたま来た福島の浜通り(現在のいわき市勿来)で聞いたそうです。
南方で戦って、日本各地で戦ったおじいちゃんは、特別驚かなかったそうです。

「兵隊が漁船で(活動に)出でだからない。軍艦もねえんだべ。あだな物資があるアメリカには勝てねぇよ。
ガ島でも、アメリカ兵は肉を食っていた。日本の兵隊は水もねえ。おらあ、歯磨きのハッカを酋長のとこさやるんだ。『これは万能薬だ』って言うと、バナナ両手にいっぱいもらえるんだ。あのバナナはうめがったぞ。
現地の人は上官がなんて言っても殺してはなんねえ。仲良くするんだ。おらあ、酋長の家さ招かれて、ご馳走されだぁ。
酋長の娘を紹介されてな。んでも、おらぁ、ばあちゃんに心底惚れでたからよ。ごっつぉだけ食って帰った。」

そんなおじいちゃんは、昭和20年、10月に家に帰って来ました。
おじいちゃんが
「帰って来たぞ」
と、稲を整理していたおばあちゃんに声をかけると、おばあちゃんは腰が抜けたように身動きが出来なかったそうです。
おじいちゃんの所属していた連隊が玉砕したことをおばあちゃんは知っていたから、幽霊でも見たように驚いたそうです。
おじいちゃんの記憶では、その後おばあちゃんは、二十分くらいの間、言葉を何も発する事が出来ず、ただ見つめあっていたそうです。

喜びの涙を流すまでには、もう少しの時間がかかったそうです。

おじいちゃんは、人殺しです。
そして、たくさんの仲間を亡くしました。

なにせ、連隊が玉砕したものですから、おじいちゃんが南方で負傷したと証明できる人が誰もおらず、国からはそのせいで戦傷者年金がおりませんでした。

おじいちゃんは、私にとても優しく、私はおじいちゃん子で育ちました。
実直で口下手で優しいすぎるほど優しいおじいちゃんは、人を殺し人を殺された人にはまるで見えませんでした。

畑をいじり、鶏を飼い、私に兎の育て方を教えてくれたおじいちゃんは、

晩年、自分の体からウジ虫がわいてくる妄想に常につきまとわれていました。

「のりこ、そこにちっちぇえ虫がいるから、とってくんち。
おらあ、足からもまぶたからも虫がでてくんだ、のりこ、ティッシュとってくんち。」

マラリアの後遺症で、体温が自分で正確に分からなくなる時がありました。
暑い真夏に、
「寒い寒い」
と、セーターを着込みました。

それでも、国によると、おじいちゃんが戦争に行って負傷したことは、証明されないようでした。

おじいちゃんが亡くなって、2年が経ちました。

おじいちゃんに、人を殺させた国の選挙が、今日ありました。

今日がもし、歴史の教科書に載るような日になったら

畑をいじり、鶏を飼い、私に兎の育て方を教えてくれたおじいちゃんは

いつも笑って、喧嘩を嫌ったおじいちゃんは

のりこ、虫とってくんち、ってせがんだおじいちゃんは

何て思うんだろう。

そう思って、おじいちゃんに教えてもらった事を少し書きました。

おじいちゃん。

今日は涙がとまりません。

おじいちゃん、のりこに、ティッシュとってくんち。
のりこは、なんだか切なくて不安でたまんねくって、まぶたから涙出んだ。

おじいちゃん。ティッシュとってくんち。

整理を



増子さん、A型のせいかツアー中のバックは幾つものバックやミニポーチ、ケースで細かく分類され整理整頓されている。
自由奔放、豪快に見える増子さん、実は非常に繊細。

急に思い立ち、オレも真似ようと決意。
色々と試行錯誤し、整理整頓にチャレンジ。

本来は違う用途の物も発想次第でぴったり収まる。
オレのBluetoothスピーカーは、ペットボットルケースに収納されていて、まるで専用袋にすら見える。

オレも結構まとめてる方だけど、少し角度を変えると新鮮。
何か移動が楽しみになりました。

増子さん真似て、ソフビ持ち歩くかな(笑)

おめでとうございます


本日、12月25日はWAHAHA本舗、喰始さんの誕生日です。
喰さん、おめでとうございます!

クリスマスなのに



眼鏡のレンズが両方外れて何も見えません…
罰ゲームですか、これは…

ポンパくん



キドカラーのポンパくん。
販促品の人形です。
状態もよく、シールもそのまま残っています。
何よりも可愛くて可愛くて…

アンパンマンも



クリスマス仕様でございます。
そういや最近スーパーの鮮魚売り場でさかなくんの歌が流れてる!
実は彼、全てに於いてポテンシャルが高い。

SW



奥のミレニアムファルコン、汚してみました。
手前のXウイングはサフを吹いた状態。

バカ田大学講義録なのだ!



喰さんの講義がズバ抜けている。
10代から変わらぬ哲学。

天才と一言で言っちゃうのは簡単だけど、そうじゃないと思う。
喰イズムって物を喰さんが現役なうちに沢山吸収したい。

この書籍はお薦めです。

オレ、人に媚びないし極度の人見知りなんだけど、そこだけは喰さんと一緒かも。
けど喰さん意外と社交的だかんな(笑)

画像は関係ありません



オレの着ている物は基本、オーダーです。
靴もずっとオーダー。

今年も、友人がオレの為だけに特別なパーカー作ってくれました。
ボディーもオリジナル。

この数年、パーカー着てるんですがこれが全て彼の作品。
ライダースや迫力あるアウターを着なくなったんですが、悔しいかな受けがいい…(泣)
パーカー着てると、なんだかライトに見えるんだそうです。

ちょっと早めのクリスマスプレゼント。
届くのが楽しみです。

100日咳


普段、年に一度ですが3ヶ月ほど咳が止まらなくなります。
何をやっても止まりません。
皆さんも経験があると思いますが、咳が続くととにかく辛いのです。

オレ、普段からマスク愛用してますが、それでも関係ないようです。
今年はまだ咳が始まってないのですが、ドキドキしながら攻防中。

マスクに抗菌スプレーとかすればまた違うんでしょうが、そこまでは…

12月ですから、お身体には気を付けてくださいね。
プロフィール

玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣

Author:玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣
-
-
PC用ホームページ
携帯用ホームページ


「玩具博物館併設・出雲そば 日本一大名陣」

■お客様が快適に過ごせますよう御願い

※ゆっくりとお食事していただくために、18歳未満のお子様連れ入店をお断りしております

※全ての撮影、WEBへのアップ一切をお断りしております

※当店は蕎麦店につき、食事目的でない方は入館料1000円を頂戴しております

※当店はメディア取材は受けておりません

●●●●●●●●●●

創業昭和40年、今年で51周年を迎えました。  
昔ながらの出雲そば「古式出雲そば」と、しじみ料理専門店です。

店内には、おもちゃ、骨董、古民具、書画、焼き物、ギター、和ガラス、アンティークカメラ等のコレクションを数万点常時展示、お食事の方はゆっくりご覧頂けます。

THE ALFEE 坂崎幸之助さんから暖簾を寄贈して頂いた唯一の店。
坂崎さん提供による「坂崎幸之助アンティークカメラコレクション展」公開中。
当店は全国各地のミュージアムにて開催している「THE ALFEE 坂崎幸之助コレクション展」の企画制作を担当しています。

■現在開催中
【怒髪天 増子直純さんソフビコレクション展】
【開運!!なんでも鑑定団 北原照久さんコレクション】

■2017年3月1日~6月4日
THE ALFEE 坂崎幸之助コレクション
「和ガラスに抱かれて」
~日用雑器としてのガラスのはじまり~
○福井市愛宕坂茶道美術館
○福井市橘曙覧記念文学館

宍道湖を見渡せるお座敷で、本物の出雲そばと、しじみ料理をご賞味ください。

営業時間 12時~売り切れまで
松江市宍道町宍道729
もしもし0852-66-0961

お問い合わせ

dmjshingu@gmail.com



ホームページへ戻る

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク